スポンサーリンク

  • 車から流れてきたラジオで、掃除が趣味と言う方がいらっしゃいました。遊びに行くより、掃除をしていた方がいいらしいです。色々なブログ訪問をしていると、素敵ブロガーさんは、家事が趣味のような方が多いように思います。掃除や料理、片付けを楽しんでいるような印象をを受けることが多いのです。私から見たらその道のプロです。私にも、楽しんでできる家事はないのか、家事を趣味にできたらいいなあと思って考えてみました。... 続きを読む

    掃除


    掃除は、毎日しています。

    汚部屋な部屋もありますが、基本的には来客があっても通せる程度には片付け、掃除をしています。家中の収納場所に色々なものを押し込むので、パッと見はそこそこきれいです。

    関連記事はこちら↓

    愛が断捨離をしようと思った理由

    ついに汚部屋に手を付けた 

    スッキリ玄関の裏側は、靴であふれていました。シューズクロークの断捨離。

    などなど他にも断捨離のカテゴリーの記事を見て頂くと、色々なところに色々詰め込んでいます。

    掃除はしているものの、行き届いているとはとても言えません。

    それでも、最近は、少しだけプラスアルファで範囲を拡大中です。

    関連記事はこちら→ズボラ主婦こそ簡単なポイント掃除がおすすめな理由とは?

    ただ今、断捨離中なので、ものがもう少し減ったら、スッキリ空間も拡大して掃除がしやすくなるだろうと期待していますが、今のところ、まだまだ先は長そうなので、やはり、掃除は面倒です。

    洗濯


    洗濯


    洗濯も毎日、2~3回洗濯機を回しています。

    義母が朝、洗濯機を使うので、私はどんなに遅くなろうと(子供が遅く帰ってきても)夜に洗濯をします。

    洗濯物をかごに残しておくと、義母が気を利かせて洗濯をしてくれますが、以前色物と一緒に洗われて、染まっていた事が何度もあり、しなくてもいいよと言っても、やはり気を利かせて洗ってあります。時には義母の部屋のマットも一緒に、、、(笑)

    それからは、よほど疲れている時以外は夜中でも洗濯をします。

    まあ、仕方なく洗濯するような感じです。

    料理


    実は、料理は、唯一好きたと思っていました。

    それが、仕事をしだしてバタバタと準備するようになり、いつの間にか一番苦になる家事になっていきました。

    我が家の旦那さんは、夜お酒を飲みます。主にビールなのですが、おつまみがたくさんいるので、おかずの品数が5品くらいが通常になっていました。

    若い頃は、ご飯をほとんど食べなくて、おかずでお腹いっぱいにならないといけなかったので、たくさん作る、品数も多く作るという事をしていると、だんだん苦痛になっていきました。

    新婚の頃、「今日の献立はなに?」と聞かれたので、「カレー」と答えました。すると「カレーとなに?」とまた聞かれたので、「カレーとサラダとスープ」と答えました。

    すると「何かつまみは、ないの?」?」と言われました。

    旦那さんにとっては、カレーでもパスタでも親子丼でも白ご飯でも同じ位置付けで、つまみのおかずとビールを飲んだ後に食べるものなのです。

    毎日、品数を多く、量も多く作るようになって、それが苦痛になっていきました。

    料理

    それでも美味しいと言われれば、張り切る時もあったり、、、。

    まあ、それでも楽しんで作るというほどではなかったです。

    好きな家事がない?


    色々考えても、それほど好きな家事が無かったというオチです。

    とても趣味にできるような状態ではないという事です。

    特別、家事が嫌いと言うわけではありません。ただ、面倒くさいというだけです。

    気分が乗れば、掃除でも料理でもたくさんするのですが、楽しんでいるというレベルには引きあがりそうもないという事なんです。

    どうすれば、楽しんで家事ができるようになるのか。

    断捨離をするようになってからは、少しだけ面倒くさがりではなくなってきたようにも思っています。

    断捨離をつづけて、ものが少なくなったらどう変わるのか、その向こう側をみたいと思います。


    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    ブログ村テーマ
    家事が楽しくなるモノ・工夫


    ブログ村テーマ
    こんな生き方があってもいいよね♪


    ブログ村テーマ
    時短家事の工夫



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   ブログ村 片付け・収納(個人)   ブログ村 50代の生き方
  • 毎日家中をピカピカに掃除するのは、たいへんですよね。私のような、ズボラ主婦は、フローリングワイパーで家中を拭き掃除するのが精一杯です。そのうえ棚の上とかあちこちを掃除するとなると気分的にも結構な負担になります。掃除が好きではないのに、きれいなお家には人一倍憧れています。そこで、日ごろ何となく気になっているところだけをピンポイントで、少しずつキレイにしようと思いました。... 続きを読む

    毎日の掃除はどこまでするか


    毎日の掃除はどんなことをしていますか?

    私の友人は、毎日はしない、週1回位とか、めったに掃除しないというつわものまでいます。かと思えば、いつも細かいところまでキレイにしている人も。

    本当に、人それぞれですね。

    私は一応毎日、フローリングワイパーで(ほとんどから拭き)で一通り家中を拭きます。その流れで最後にトイレを拭き、トイレの便器掃除と玄関の掃き掃除をして終わりです。

    たまに(週1位)洗面台を磨き、を拭きます。

    そのくらいしかやっていません。

    プラス掃除

    時々中掃除が必要


    なので、気付けばあちこちがホコリがしていたり、お風呂は1~2か月に1回くらいの大掃除とまではいいませんが、中掃除が必要です。

    もともとがズボラでグータラですので重い腰をあげて、今日は頑張ろうと自分をふるいたたせて、掃除に取り組むことになります。

    やる気が起きない時は、いつまでもそのまま放置してしまうこともしばしばです。

    当たり前ですが、放置している期間が長いほど、掃除が大変になるのです。

    いつもキレイな家の住人の人がしていること


    私の姉は、独身ですが、とても几帳面で、家はいつもピカピカです。東京で一人暮らしをしていますが、たまに遊びに行くと、我が姉ながら感心します。

    常に水を使ったら拭く。トイレにも、洗面台にも、お風呂にも、もちろん台所にもハンドタオルが置いてあって、使用するたびに水気を拭いています。

    ハンドタオルは毎日洗濯。

    家に帰れば、軽くふき掃除。気付けば掃除。汚れる前に掃除。

    習慣になっているようです。

    実際に、実家暮らしの時は、そこまではしていませんでした。一人暮らしをするようになったのは、5年ほど前に東京に転勤になってからです。(実家は九州です)

    毎日仕事が忙しく、帰りは22時くらいになる事が多いそうです。

    自分で、家を管理するようになって、自分の部屋以外のキッチンやお風呂の汚れが気になるようになって、汚れる前にふけばいつもキレイなので、わざわざ掃除に時間を取らないでもいいようになったと言っていました。

    それでも、もともとが几帳面なので、週末は、色々なところを掃除しているようですが。

    姉に限らず、いつも家がピカピカできれいな人は、ちょこちょこ掃除をしているようです。

    ズボラ主婦でもできること


    たとえば、毎回拭き掃除が無理でも、気付いた時に軽く拭けば、ずいぶん違ってくるでしょうが、それもなかなか難しい。

    気付いた時というのは、出来る人はまめに気付きますが、私のようなズボラ主婦は気付かないふりをしてしまいます。気付いても今度しようなどと先送りにしてしまうのです。

    そこで、ズボラ主婦の私は、毎日のルーティンにちょっとだけポイント掃除をプラスしてみようと思います。

    たとえば、お風呂が汚れているなと思った時は、一度にお風呂掃除を隅々までするのは、気が重い。今日は、壁、次は浴槽磨き、次は鏡の水あかとりなど区切ってポイントで掃除をしていけば、次第にあちこちがキレイになっていくので、次の掃除が楽になるはずです。

    風呂1


    そんな大変なところでなくても、軽くドアを拭くでも、カーテンレールを拭くでも、何でもいいので、日常の掃除ではやっていないことを少しだけするようにします。

    まあ、しないよりはまし...程度でいいのです。

    そうすると、だんだん習慣になっていくので、ポイント掃除の範囲が広くなっていきます。

    私は今までは、トイレ掃除は2~3日に1回しかしていませんでしたが、(床だけは毎日拭いていた)今は、毎日掃除しています。習慣になってきました。

    関連記事はこちら→トイレをピカピカに掃除。 トイレの神様はいらっしゃると思います。その理由とは

    そのために工夫している記事はこちら→グータラ主婦でも簡単に隅々までトイレ掃除ができる空中収納とは?

    これからは、プラス1か所のポイント掃除をしようと思います。

    手始めに今まで気になっていた浴室の鏡を磨こうかな。
  • 欲しい物を一つ買うと、次々にあれもこれも欲しくなる事ってありませんか?私は、物欲にスイッチが入るときがあります。買えば買うほど色々なものが欲しくなってしまうのです。... 続きを読む

    物欲が止まらない


    買い物依存症というわけでないのでしょうが、時々自分でもびっくりするくらい、買ってしまうことがあるのです。さすがに、高価なものではありませんが、立て続けにあれも欲しいし、これも欲しい、という風に。

    物欲にスイッチが入ると言いましたが、買い物することによって、ドーパミンなどのホルモンがでて、満足感を得ているようです。

    ショッピング


    その熱が冷めたころに何となく後悔したり、どうしてあんなに欲しくなったのだろうと自分でも不思議に思ったりします。

    今の現状に満足できていない


    衝動買いに走る原因のひとつに、ストレスが溜まっている現状に満たされていない、というのがあります。

    頑張ったご褒美に何かを買う。というのも満たされたいということと関係が深いのかもしれません。満たされないものを埋め、達成感を味わっているのです。

    買い物をすることによって、ドーパミンなどのホルモンが出て、一時的な満足感を得る。それが今度は物が増えすぎるという新たなストレスを生み出しているのですが。

    達成感で物欲を抑える


    時々、断捨離をしていて物を捨てだすともっと減らしたい捨てたいと思うようになったという話を聞きます。これは、物を減らすという達成感を味わっているからなのです。物を減らした時に、ドーパミンがでているのでしょう。

    私も面倒くさい事が嫌いなグータラさんですが、少し片付いたところが増えると、次はどこを片付けようかなと思っているのです。達成感という報酬を得ているのだと思います。

    そして、肝心な物欲ですが、達成感効果なのか、この1か月必要ないものは、ほとんど買わなくなしました。時々は、無駄遣いをすることもありますが、以前に比べると、雲泥の差です。

    これが、長続きするかはわかりませんが、今のところ物欲ってこんなになくなるんだと思っています。不思議です。
    買わない暮らしも悪くないです。後は、これを習慣にできるかですね。
  • 片付けと断捨離で人生が変わるなんて、大きくでたもんだと思いますが、松井秀喜選手の座右の銘に『心が変われば、行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。』という言葉があります。... 続きを読む
    これは、松井秀喜選手が恩師である山下智茂監督に教わった言葉だそうですが、実は私がこの言葉に最初に出会ったのは、二十数年前、友達の家のトイレに貼ってあった紙(カレンダーだったかも)でした。

    素敵な言葉だなと思いましたが、その時私は二十代前半で人生を楽しむことに全力を注いでいましたので、何となく憶えているくらいです。

    片付けや断捨離を進めていくうちに、行動が変われば習慣が変わるという言葉を思い出しました。少しづつでも物を増やさず(減らして)、片付けていけば、習慣になるなと思うようになりました。

    いや、習慣にしないといけないなと思いました。

    頑張る


    そこで続きは何だったっけ、という事で調べてみました。

    諸説あるようですが、今一番心に響いたものは、

    心が変われば  態度が変わる
    態度が変われば 行動が変わる
    行動が変われば 習慣が変わる
    習慣が変われば 人格が変わる
    人格が変われば 運命が変わる
    運命が変われば 人生が変わる

    というものです。

    もともとは、ヒンズー教の教えだとか、ウィリアム・ジェイムズという哲学者の言葉だとか、詳しい出所はわからない。というところのようです。

    野村克也監督や中村俊輔選手もこの言葉を支持されているとのこと。加熱済み宇宙食4691パックより

    もっと早くからこの言葉通りに変えていけてたら、私の人生違っていたかもしれません。この言葉と出会ったのは二十数年も前なのに。

    今は、心と態度と行動が変わってきていると思っています。(ちょっとだけですが)次は習慣にする番です。マツイ棒で有名な松居一代さんも徹底したお掃除でおなじみですが、資産100億円超えだそうです。

    人生が変わるというのは、金運のことではないでしょうが、少なくともある程度のお金が、色々な不安をとりのぞいてくれると思います。

    お金がないことが人の心を荒ませることは多いので、掃除も頑張って金運もアップさせたいです。

    トップクラスのアスリートの方たちを生み出したこの言葉は、本物に違いありません。この言葉を断捨離に応用して人生を変えようと思うのです。

シンプル愛

生まれた年:1966年
職業:主婦
家族構成:姑、夫、娘2人
性格:グータラ
特技:押し込み収納

片付けが下手で納戸や引き出しに物を隠す収納が得意です。物は捨てられないほうです。スッキリシンプルに暮らしたいと思いつつ物が増え続け、今度こそはとブログを立ち上げました。

良かったら、また遊びに来てくださいね


[Ctrl]と[D]を同時に押すと
ブックマークに登録できます


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 

最新コメント

最近の投稿

ブロとも申請フォーム

プライバシーポリシー
免責事項・著作権について