スポンサーリンク

  • 久しぶりのブログの更新です。ご無沙汰しております。しばらく、体調を崩してしまい、とても気になっていましたが、あえて、ブログを覗かないようにしていました。ブログの更新をしていないときでも、毎日のようにブログを訪問して頂いた方もいらっしゃるようで、胸が熱くなり、、、本当にありがとうございます。少し前から、新しいことを始めたのですが、なかなか思うように進まず、焦っていたのもあり、、、毎日深夜まで取り組ん... 続きを読む
  • これまで、自分のことより家族のことを優先に考えてきたつもりでした。でも、それは家族が望んで、強いられてきたことでもなかったんです。奥さんだから、お母さんだから、嫁だからと先回りして勝手に思いこんで、周りのせいにして生きてきたことも多かったなあ。でもそれは、よく思い返してみたら、自分が自ら好んで選んできた道。だから人のせいにはしたくないと思うようになりました。... 続きを読む

    挑戦してみたいこと


    ある出会いがあって、挑戦してみたいことができました。

    それは、これまでの私だったら、やる前から無理だとあきらめていたことでした。

    私なんかが、、嫁だから、母だから、主婦だからっていう気持ちをまず断捨離しようと思います。

    迷いに迷って、まだ51歳、、、『やり直しは何時からでもできるし、何歳からだろうと挑戦してみないとわからない』という友人の影響や励ましもあり、夫は特に反対もしないのでやってみたいことに挑戦してみることにしました。

    その友人について書いた記事です。→「やり直しなんて何歳からでもできるのよ」会うとパワーをもらえる人。

    (そんな大きなことではないのですが、ちょっと習い事に遠くまで出かけることがある程度のことです)

    今は、姑も実家の母もまだ、すぐに介護という状態ではありませんし、子供たちも大学生、母親の手がずっと必要な年齢でもありません。

    今しかないって自然と思えたので、私にしてみたら、ちょっと冒険。

    久しぶりの一人行動


    独身時代の出張以来?の全くの一人旅。

    夫が単身赴任のころは、何度か子供たちを連れ東京へも行きましたが、全く一人というのは、、、結婚して初めてではないかと思います。

    それが嫌かというと、、、これまた全く嫌どころか、とっても楽しみ。

    本来は、私、一人好きです。

    家族や友人との時間もとても楽しいのですが、自由気ままに一人で孤独にお泊りって、、う・れ・し・い。(笑)

    そして行ってきました。

    田舎のおばちゃん一人で東京へ行く

    浜松町駅を出てちょっと用事を済まし、
    浜松町駅

    土のない公園は地方の私にしてみたら、不思議な感じです。
    公園
    でも、、、よく考えたら、近所のマンションの横の公園はこんな感じなので、地方でも土のない公園は珍しくないのかなあ。

    ホテルは、一人でツインです。
    ホテル

    食事が悩みました。

    外出をして帰りに夕食をと考えて、、、

    私は一人で食事をするのは全く抵抗がありません。(意外とできない女性が多いようです)

    ですが、夜のレストランはカップルが普通で、、、

    居酒屋さんにも女性一人では入りにくい。

    ファミレスにでも入ろうかと思いながら探していたら、通りがかった吉野家を覗くと、おひとり様女性があちこちの席で3名ほど食事をされていらっしゃったので、思わず入りました。
    吉野家
    これは翌日撮った写真です

    吉野家、地元にもあるのに初体験でした。(笑)おいしかったです。

    人生、楽しく悔いのないように生きたい。最近よくそういう風に思うようになりました。

    こちらの記事の方のお話もそういう風に思うきっかけにもなりました。→終活と断捨離。78歳これまでの人生に大満足。治療はしませんと言い切る女性を強く美しいと思いながらも、、

    家の中の断捨離と同時進行で、やりたいことも少しずつ実現できたらいいなあと思っています。

    ブログに書くと大きなことのように感じますが、そんな大きなことではないです。


    初めは、この旅行の時の荷物のことを記事にしようと思ったのですが、長くなってしまったので、明日の記事にします。



    いくつになっても輝いている方が素敵です。生活も思考もシンプルにしたい。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    * 50代を 素敵に生きる *


    にほんブログ村テーマ
    女性一人旅(お一人さま)


    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす


    にほんブログ村テーマ
    自分らしく気まま生活!


    にほんブログ村テーマ
    シニア世代の素敵な暮らし



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • ある78歳の知人の女性のお話です。私の姑や母と同世代です。その女性は、癌を患っていらっしゃいます。あまりよくない状態だそうです。ですが、治療を拒否されています。人生十分に楽しんだので、もう、いつお迎えが来てもいいと言い切られていらっしゃいます。... 続きを読む

    たくさん働いてたくさん遊んだ


    その方は、元公務員でご主人も公務員だったそうです。

    仕事をしながらの子育ては、大変だったけど、おかげで子供たちを東京の大学へやれた。(子供は男の方二人です)

    そして、その子供たちは、現在それぞれの家庭を持ち、それなりに幸せに暮らしているようだと言われています。

    二人とも東京にいらっしゃるそうです。

    離れて暮らしていても、子供たちが幸せそうだとそれでいい。たまに会う孫もとてもいい子で、下は中学生から上は大学生だそうです。

    子供が巣立ってからは、ご主人と2人暮らし、子供たちには自分たちの人生を自分たちで歩んでいくように、、お金は残さないと決めたそうです。

    お互い定年の時には、たくさんの退職金を頂いた。それを国内外への旅行や、それぞれの趣味に惜しげもなくお金も使って、今ではそれほど残っていないということです。
    旅行

    そして数年前にご主人を看取り、今は、ありがたいことに、生活は年金で十分賄えているそうです。

    終活と断捨離


    ご主人を看取ったことをきっかけに、家じゅうの物を見直し、処分。

    いわゆる、終活の一環として生活に必要ないと思うものを少しずつ処分していき(断捨離)、今は多くはないもので暮らしていらっしゃるそうです。


    やはり、終活と断捨離って、切り離せない関係なのでしょうか?

    自分がいなくなった時にその後始末を遠方の子供たちがするのであれば、それはできる限り、最小限にしたいと思われてのことのようです。


    そして、ご自分の病気がわかり、、、

    息子さんたちは、治療を進められていらっしゃいます。

    何度も、帰省されていらっしゃるようです。


    治療をして、元の元気な体に戻るというのだったら少しは治療をすることを考えるかも知れないけれど、、、、

    だた、おそらく、そうではなく、入院して治療をするということは、延命処置や病院で過ごすだけの生活になってしまい、、、

    ほとんどは拘束される生活になることは目に見えていると、、、

    ご主人を看取るときに、自分は治療をしないことを選択しようと思ったそうです。

    本当に動けなくなるまでは、入院はしない。

    入院しても、延命治療はしない。緩和ケアだけしてもらおうと、、、

    たくさん働いて、たくさん遊んだ。

    もう、十分にやりたいこともやりきって幸せだったので、悔いは全くないと。

    そして、ご主人の所へ行きたいとも。。。
    入院

    そんな風に語られる姿は、とても強く美しいと感じました。きっと素敵なご夫婦だったのでしょう。

    私も最後は、幸せな人生だった、悔いはないと思えるような生き方ができたのだったら、どんなに素晴らしい事かと思いました。


    ですが、それを自分の母や姑に置き換えると、、、やはり、治療をするように説得するでしょう。

    治療をして、完治するとは限らなくても、少しでも永く生きていてほしいと思うでしょう。

    もしかしたら、それを本人が望まないとしてもです。

    そして私は、まだまだ、生きるということに未練がたくさんあり、やり残したこと、やらなければいけないと思うこともたくさんあります。

    私にとって死は、とても怖いことです。

    まだまだ煩悩まみれの私に、悔いはないと思える日が来るのだろうか?

    もっと人生を楽しんで、もっと1日を大切にしようと思ったのでした。



    自分の終期をどんなふうに迎えたいですか?
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    自分の最後自分で飾る 「終活」 を考える



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    シニア世代の素敵な暮らし


    にほんブログ村テーマ
    夫婦、夫、妻


    にほんブログ村テーマ
    家族の介護・お世話


    にほんブログ村テーマ
    家族




    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • 私は、昔から、いつも色々な人の意見に影響を受けやすいし、流されやすいと思っていました。自分軸がよくわからない。人の意見に流されやすい。ずっとそんな風に思っていたのです。先日、法事の時の会食の時に、私の母は、私を頑固者だと言いました。... 続きを読む
    先日、実家で法事がありました。

    その時に、夫と母が話している時の事です。

    夫は、私の母に、私の事を悪くは言いません。それなりに褒めてくれるのですが。。。

    夫と母は、最近の断捨離について話しをしていました。

    「お義母さんも最近は家を片付けているんでしょう」という話から、

    「愛も最近ずっと色々片付けていて、、、」になり、

    「うちの母も自分も(夫)、捨てられないから、いろいろもめる事があります」というところまで来て、私の母が夫に、

    「愛は言い出したら、頑固だから、ごめんなさいね」と言いました。

    「えっ?私が頑固?」と言うと、わたしの夫も「ああ、、そうそう」とにやりとして頷いていました。

    にやり

    ごく親しい人から見れば私は隠れ頑固らしいです。

    保育園時代


    私は、3姉妹の真ん中、上の姉とも下の妹ともそれなりに歳が近いので何かとケンカになります。

    ですが、それは小さい頃の話。

    だんだん、姉と妹が気が強いので(しっかり者)、何時しかそれぞれに合わせるように、(譲るように)なっていました。

    だいたい、親戚や両親、姉妹は私の事をボーっとしている子供だと思っていたと思います。

    実際、そんな風に言われていました。いつもボーっとしているって、、苦笑

    選ぶものは、いつも原色よりは、中間色。

    「どちらがいい?」の質問には「どっちでもいい」と答える事が多かったのです。

    一見自己主張がほとんど無い子供だったのに、まず、私の祖母が母に「愛は、ほわっとしているようだけど、とても頑固なところがあるから、気を付けて育てなさい」というようなことを母に言ったそうです。

    はて?何をもってそんな風に言ったのかはわかりません。

    ですが、、、母が幼い頃の私の話をしました。

    例えば、明日この服を着ていくと言って寝たそうです。夜洗濯しても翌朝それがまだ乾いていないので、「別の服で行きなさい」と言うと、どうしてもそれがいいと、まだ湿っている服を着て保育園に行こうとした。とか、、、

    保育園の先生に踊りを褒められたので、父に見せてあげようと思い、母が私に、「踊ってごらん」と言っても踊らなくて、褒めても叱っても、かたくなに拒否したとか、、

    (これは実は覚えているのですが、照れて恥ずかしかったので踊れなかっただけなのに、だんだん大事になってしまい、今更踊ってみるなんてと、、子供心に引っ込みがつかなくなっただけなんですけど。その後母も意地になって、、叱られて、なぜか泣くハメになりました。)

    こういう理不尽な仕打ち?は何歳になっても覚えているんですよねえ。

    iyagaru.jpg

    いつもはヘラヘラとしているのに、本当にどうでもいいような事にこだわったり、、ちょっとしたことで意地を張る事があったようです。

    でも、そんなこと誰にでもある事じゃないですか?

    夫の言い分と娘たち


    夫も、「人に合わせているようで、時々絶対に譲らない事がありますよねえ。俺なんか、絶対愛には負けます。完全に尻に敷かれていますし」

    などと言うのです。

    なんですとーっ。o(`ω´ )o

    いつも合わせているのは私って思っていたけど、夫も自分が合わせているって思っていたようです。

    娘たちも、「パパがダメって言ってもママがいいよって言うとああ、いいんだって思うけど、パパがいいよって言ってもママがダメって言うと絶対ダメだしね」などと言うのです。

    みんなそんな風に思っていたの?(´;ω;`)

    周りが思っているイメージって、意外と自分で思っている性格と違う事もあるようです。

    50歳を超えて、やっと私が頑固者だと知ったのでした。いや、薄々は気付いていたのですが、、、

    ですが、私はこう思って生きていますなどと、筋が通っているわけでは無く、あちこちに共感しながら、そして流されながら、いまだにフラフラしているような気がします。

    自分軸を持つって、いまだによくわかりません。

    50歳にしていまだに日々成長している、、、のだといいのですが。┐(´д`)┌



    小さい頃大人っていう言葉に憧れていましたが、いくつになってもそんな素敵な言葉には程遠いような気がしています。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    人間ウオッチング


    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす


    にほんブログ村テーマ
    40代からが勝負!~あきらめないで~


    にほんブログ村テーマ
    * 50代を 素敵に生きる *



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • ネットサーフィンをしていたら、あるミニマリストさんのコラムに書かれていたことについての炎上記事を読みました。それを取り上げていらっしゃる方も、その一部分のみを大きく取り上げている方もいらっしゃって、大元の記事を読むと、そのミニマリストさんは、『こう思ったのは、自分の今までの生き方や考え方にも問題があったのだ』という事を言いたかったのだと思います。それが、ご自分の今までの生き方と相反した思いというか... 続きを読む

    ブレない生き方


    私は、ミニマリストさんが好きで、よくミニマリストさんのブログを拝見します。

    ミニマリストさんの中には、とてもお洒落な方、こだわりの少数精鋭で暮らしていらっしゃる方、ものを極限まで減らした生活をされていらっしゃる方、自分なりの快適を追求されていらっしゃる方、色々な方がいらっしゃいます。

    それは、自分が憧れるような生活であったり、、自分には無理だなあと思う生活だったり、、これまたそれぞれです。

    いろいろな生き方があるので、好みの違いこそあるものの、どれがいいとか、正しいとは思いません。

    私は、どちらかと言えば、お洒落な少数精鋭の物で、丁寧に暮らしていらっしゃるミニマリストさんに特に憧れるようです。

    あと、、相反して、ズボラだから色々な物を手放して楽になったという話には釘付けです。(爆)

    pasokonn.jpg

    ですが、お洒落とかく(スミマセンご本人がそんな風によく書かれていらっしゃるので)ズボラなどという観点ではくよく訪問させて頂いているブログがあります。

    その方の生き方や考え方に惹かれます。

    ご自分はミニマリストであっても、そうではない家族にはそれを押し付けない。そういう生き方はとても素敵ですし、尊敬しています。

    そのブログは筆子ジャーナルです。

    とても有名な方なので、ご存知の方も多いと思います。

    以前から印象深い記載があって、先日に炎上の記事を読んだ時に、ぶれない生き方ってこういう人の事を言うのだと改めて思いました。

    ちょっと、その炎上の事に触れると、あるミニマリストさんが、本を出されたそうです。イベントに呼ばれて、そのスタッフの方がその本を持っていらっしゃったのでお礼を言おうとしたら、図書館の本で、ショックをうけた、、、、そしてこれは因果応報だという風に結ばれていました。

    、、、で、これを読んで、このミニマリストさんの事をいろいろ言うつもりはありません。

    私がミニマリストだとして、そして本を出して、、、そうなれば確かに私は本を買ってもらいたいと思うでしょう。

    これは、ほとんどのミニマリストの方でもそうだと思います。

    私も、断捨離をしているので、本も捨てたり、ブックオフへ持って行ったりして、図書館も利用しています。

    今後も、手元に残す本はそんなにたくさんではないと思います。

    ですが、もし自分が本を出すようなことがあれば、是非買ってほしいと思うでしょう。これが自然だとも思います。

    そういう風に考えるとこの炎上したミニマリストさんは、とても正直な方だと思います。

    、、、で話をもどすと、

    筆子さんは、よくお便りコーナーなどで、読者さんからのメールを紹介されています。

    例えば、3年間、実家の片付けに奮闘してわかったこと。

    筆子さんの読者さんは、多くの断捨離を経験されてきた方だったり、私のような絶賛断捨離中の方だったり、断捨離ができずに物が多くて悩んでいらっしゃる方も多いようです。

    そのお便りの中で、『筆子さんの本、図書館で借りました』とか『図書館にリクエストしています』という方もいらっしゃいます。

    tosyokann.jpg

    ミニマリストさんのファンは、少なくともミニマリストさんのようになりたい方ですので、ものを増やしたくはないわけです。

    その気持ちを十分理解されていらっしゃる筆子さんの反応が素敵だなあとずっと思っていました。

    この炎上の記事を読む前から、、筆子さんのブログの中で何度も見かけた、、

    本を(図書館で借りて)読んでくださってありがとうございます。良かったら、図書館にリクエストしてください。もしくはブログを読んでください。などと書かれていたことが私の頭に浮かびました。記事は1つしかリンクしていませんが同じように書かれておられる記事はたくさんあります。

    *本は買わないで図書館で借りて下さいと言われているのではなく、買って読まれた方も、借りて読まれた方も同じように読んでくれてありがとうございますと言われています。


    そして改めて、この方は一貫して、言動がぶれていらっしゃらないなあと感心したのです。


    私は、まだまだブレブレですが、それを成長しているのだと(いい歳ですが)前向きにとらえて、生きていこうと思うのです。(笑)



    素敵なミニマリストさんを覗いてみませんか?
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    シンプル・ミニマルライフ



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    ミニマリストになりたい


    にほんブログ村テーマ
    ミニマリストな生活 & シンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    シンプル・ミニマルライフのファッション


    にほんブログ村テーマ
    断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • 本当に好きな物だけに囲まれて暮らしたいとは思っていても、実はこれって意外と難しいなあと思っています。今まで、何となくあまり考えないで買い物をしていたのですが、断捨離を始めて、多くのものを処分しているうちに、本当に好きな物だけを残そうと思うようになりました。ですが、今選んでいるものは本当に好きな物を選んでいるのか?金額で選んでいることが多いなあと思う事がたくさんあります。理想は、全ての物が自分の一番... 続きを読む

    お金が関係ないとしたら?


    多くの人が、ものを買う時に、値段を考えると思います。

    これだったらこの金額を払うのはOK、この物にはこの金額は払いたくない、、、など

    好きなものだから、金額関係なしでものを購入することは滅多にありません。

    でも全ての物が金額が関係なかったら、、とか、もらえるとしたら、、、、


    例えば私が今後一人暮らしをする事になったら、

    同じマンションの間取りが1DK20㎡~4LDK130㎡までの家賃が同じだとしたら、きっと私は一人暮らしでも4LDKを選ぶと思う。

    一人暮らしでは、そんなに広いスペースは要らないだろうけど、子供達が嫁いでも、家族で里帰りしてきた時に泊れるスペースが欲しいので、お金が関係なかったら、広い部屋を選ぶと思う。

    でもその2部屋くらいには物は置かないで、空き部屋にすると思います。

    mannsyonn.jpg

    例えば何かのキャンペーンでどれでも好きな物から選んでくださいと言われたとして、好きなデザインの3000円のバッグと好きなデザインの30万円のバッグがあるとしたら、30万円を選ぶと思う。

    それは、好きな3000円のバッグは今の自分でも躊躇しないで買えると思うので、もしもらえるとしたら、今は自分では買えないと思う30万円を選ぶだろう。(煩悩の塊です)

    例え今、30万円のバッグが欲しいと思ったとしても、手元のお金は他に優先したいことがたくさんあるからです。

    buranndo.jpg

    全ての職業の賃金が同じで、今の自分の能力に関係なく、どんな職業でも選べるとしたら、楽しいと思う仕事を探すと思う。

    仕事を選ぶ基準の大きな1因が賃金などの条件(休日などもです)を考慮すると思うので、お金が関係なかったら、好きな仕事、楽しい仕事を探すと思う。

    kyuujinn.jpg

    でも、、

    どれでも好きな車を選んで持って帰っていいよって言われたら、私は大きな高級車ではなく1300ccとか1500ccの車を選ぶと思う。

    それは、軽自動車から夫のおさがりの大きい車までのいろいろな車を運転してきて、私は大きな車よりも小回りのきく、このくらいの車が運転しやすくて好きだと思ったから。(現在の状況では家族5人乗りは必須)

    kuruma.jpg

    ここで、やっとお金が関係なくっても、値段が安いだろうという物を選ぶのです。(しかもおそらくですが、、、)

    これ(車)が私が経験して感じた、私の中の丁度いいや好きなものだと思います。

    経験してみないとわからないことも多いです。


    人それぞれ自分にとっての丁度いいは違うし、好きも違うし、その時の状況でも大きく変わるだろうと思います。

    お金が関係なかったら、、と考えると、きっと自分の本当の好きが見えてくるのかも知れません。

    好きなものに囲まれて暮らしたいと思ってはみるものの、、

    何かを優先させるために、これで我慢をしているのか、

    本当に、好きでそれを選んでいるのか?


    どちらがいいという事は無いと思います。

    持っているものも、考えも、置かれている状況も、能力も人それぞれ。

    いろいろな事を選ぶ基準も人それぞれ。


    あえて小さな家を選ぶことも、大きな家を選ぶことも、あえてプチプラの服を選ぶことも、ブランド服を選ぶことも、持たないという選択も、本当に好きという事は、値段が同じでもそちらを選ぶかと考えるといいのでしょうね。


    私は、いまだに値段の割にはこちらがいいと思って選ぶことが一番多いです。

    自分にとっての丁度いいも、どんどん変わってきています。

    慌ただしく過ぎていく日々の中で、じっくり時間をかけて選ぶ事も、難しいです。

    好きなものを選ぼうと思っても、ついつい、とりあえずって(これがまた安い方を)選択してしまっています。習慣化してしまっている?めんどくさくなって、「まあ、これでいいか」となる。

    本当に好きなものに囲まれるという事は以外と難しいです。



    丁寧に暮らしていらっしゃる方の生活に憧れています。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    丁寧な暮らし



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    わたしのお気に入り


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    ステキに暮らす♪


    にほんブログ村テーマ
    暮らしを楽しむ




    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • 先日、私のスマホにAmazonからメールが来ました。SMSへです。有料動画の未納料金が発生しています。本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行いたします。アマゾンジャパン(株)〇〇〇-×××-△△△というような内容でした。... 続きを読む

    SMSでのメール


    わたしは、動画を観る事はほとんどありません。

    ユーチューブも滅多に観ません。ブログに張り付けてある時にたまに観る程度です。

    ですが、そんな私でも、こういうメールが来ると、ドキリとしてしまいます。

    パソコン音痴なので、ブログに張り付けてあったユーチューブを見た時の事?などと的外れな事を思い返してみたりしました。

    詐欺だとは思いましたが、万が一のことを考えて、、、

    その、メールに書かれた電話番号を検索してみました。すると、ちゃんとした?業者さんになっているようです。

    その日の電話帳検索のアクセスが急に数十件になっていました。もしかしたら、この業者さんも被害者?などと思いながら、次に『Amazon有料動画未納』で検索してみると、、、

    ほぼ私と同じ状況です。
      ↓
    アマゾンからこんなSNSが届きました。

    こちらはAmazonの正式なサイトです
      ↓
    振り込め詐欺などにご注意ください

    SMS.jpg

    やはり詐欺のようです。

    身に覚えのない私でも、『知らないうちに変なところ触ったのかしら?』などと思ってしまうのですから、本当に有料動画を観たりしたことのある方などは慌ててしまうのかもしませんね。

    今までは、こんな迷惑メールが携帯メールに来ていましたが、ショートメールに来たのは初めてです。

    こういう詐欺メールは無視することが一番です。

    ですが、こういう架空請求を無視してはいけない場合があるようです。

    架空請求を無視してはいけない場合


    詐欺だと思っていても、もし裁判所から封書が来た時は、無視してはいけません。

    例え身に覚えのない架空請求だとしても裁判所から送られてきた「訴状」を放置しているとそのまま法的に手続きが進んでしまい、請求通りの支払い命令の判決などがされることになるそうです。

    私が、詐欺だと思っても、すぐに検索してみるのは、本当に詐欺だという事を確認するためでもあります。

    というのは、こういう記事を、以前に読んだことがあるからです。→架空請求の無視を逆手に取り、裁判所から本物の公文書を発行させる詐欺が発生中!

    裁判所

    例え、身に覚えが無くても裁判所からの特別送達が送られてきた時は、必ず

    本当に裁判所からの送達か。(電話番号はそこに記載されている番号でははく、別の電話帳やネットで調べる)

    本物だと確認したら、2週間以内に異議申し立てをする

    以下の法務省のサイトを参照してください。
      ↓
    督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求にご注意ください


    それでも相手は詐欺のプロ。

    あの手この手で次々に新手の手法を使ってくるようです。

    こんなこともありました。→「不要な衣類買い取ります」の電話を義母が受けていたっ。「お義母さん、それ押し買いです」

    私のような、ズボラな人は、封書が来てもそのうち確認しようと封書をうっかり見落とすという事もあるのかも知れません。(これ、よく私がやってしまう事です)

    くれぐれも気をつけようと思っています。



    気をつけようと思っていても、被害に遭ってしまう事もあります。実体験が参考になります。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    詐欺情報の詳細や対処法、実体験話



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    詐欺被害、体験談、対策


    にほんブログ村テーマ
    防犯・防災


    にほんブログ村テーマ
    生きる上で大切なこと


    にほんブログ村テーマ
    ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • 海外に移住している友人が、夏休みで帰国しています。その友人は離婚をし、女手一つでの子育ても終え、今は自由気ままに生きているという感じです。元々、とてもエネルギーの強い人ですが、どうしてそんな風に生きられるのだろうかと思う事も多いのです。ですが、彼女はいつでも前向きで、一生懸命です。... 続きを読む

    旅をするような暮らしではなく


    先日その友人と会ってきました。

    その友人は、今は東南アジアに住んでいますが、そろそろ別の国へ移ろうかなと言います。

    友人の記事です→究極の断捨離?友人が50歳目前にして東南アジアへ単身移住した理由。

    友人は、全く知り合いもいない国に住み、ツテも無い、唯一日本人スタッフが居るところで働きながら、次第にそのお店を任されるようになり、自らも開業をするまでになっていました。

    彼女は、物怖じしない性格で、若い頃にあるフリーペパーの営業をしていた時に、大企業の広告の契約を取ってきたことがありました。

    私のような小心者だと、面識もない大企業に、名もないフリーペーパーの一営業が相手にされるわけがないと思い、初めからあきらめると思うのですが、その友人は、あの手この手でツテを作り、小さなツテから何とかアポイントを取り、、、という風にしてとってきた契約で周りをビックリさせたことがありました。

    海外でも短期間で、お店を任されるまでになったと聞いても、納得してしまいます。

    「せっかく、軌道に乗ってきたのにもったいない」と私は言いました。

    ですが、「住んでみてわかる事があるのよ。今度はアメリカかヨーロッパに行こうかしら」というのです。

    今の国に不満があるというわけではなく、より好きな国へ移りたいというのが本心?のようです。

    たよりの綱は、携帯のみ。

    周りに知り合いも居なければ、どこかで野垂れ死にしても、もしかしたら、誰も気づかないかも知れません。

    notarejinu.jpg

    そんな風に問うと、「その時はその時よ」だそうです。

    強すぎる。

    「外に(海外)にいると今まで悩んでいたことが、本当に小さなことだと感じる事が出来る」と言います。

    旅をするように暮らすという方がいらっしゃるようですが、まさに旅をしながら暮らしています。

    50歳です。

    その友人と話していると、自分の悩んでいることが小さく思えてきて、気が楽になるのです。

    友人は、時々輸出入のような事もしています。(お小遣い程度だそうです)

    国をかわったら、しばらくは食べていくために、今度はそちらを勉強してみようかなと言っていました。

    そして、「もし、その時は愛も手伝ってね」と冗談交じりのような発言も、、、

    私が、「わたし、何もできないんだけど」と言うと、

    その友人は「今の状況に満足していないのだったら、何か違う事をしてみるっていうのもいいんじゃない?人生何歳からだってやり直しはできるのよ」と言いました。

    会えば元気をもらえる友人です。

    夢物語で終わるかも知れませんが、私も何か始めてみたいと思ったのでした。

    (と言っても、わたくし、とても腰が重いのですが、、、)


    何かを始めたくなるトラコミュです。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    起業、創業、開業、独立



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


    にほんブログ村テーマ
    独学で目指せ合格!


    にほんブログ村テーマ
    暮らしを楽しむ



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • 今回は、昨日のお話の続きです。友人と話をしていて、羨ましい、ドラマのような話を聞きました。それは、相続のお話しです。(最近そんな話を聞くことが多くなりました。そんな年齢になっているという事なんですかねえ)... 続きを読む

    生前贈与


    友人のご主人は、大きい会社の研究員、それなりの役職の方ですが、それでも感覚的には普通の家庭という印象です。

    ですが友人が、パートに出ているのは、生活費のためというよりは、自分が気兼ねなく自由に使うお金がほしいし、家に居る事が苦手という理由だそうです。

    そして、今一番の悩みが子供の進学などの、教育関係の事。

    子供が小さい頃から毎日習い事と進学塾、、結構教育熱心だったんです。

    子供は2人、それぞれ、難関大学を目指しているようです。

    そして、ある程度子供の大学費用は、もらえるようになったと言います。

    お札

    『もらえる?』と思って、聞いてみると、

    何でも、ご主人のおばあちゃんが大金持ちで(友人は知らなかったそうです)、高齢なので、その資産を、タイミング的に、まずはひ孫に教育費として生前贈与をしようかということになったそうです。

    という事で、とりあえず子供2人分の3000万円がもらえるようだというのです。

    おばあちゃんは、90代後半ですが、まだまだ健在でしっかりしていらっしゃるそうです。今更ながら、お父さんが税金のかからないような遺産相続の方法を調べられていらっしゃるのだとか。

    ご主人もですが、お父さんも学者気質でお金には無頓着なところがあるので、のんびりしていたそうで、、、

    そして、後々は、友人のご主人が相続するのだそうです。

    金額ははっきりとは教えてもらいませんでしたが、「ちょっとびっくりするくらい」と言っていました。

    ビックリするくらいっていくらだろう?

    スミマセン下世話な性分なもので、、、(笑)

    1億、2億くらいではなさそうな雰囲気です、、、二桁はあるのでしょうか?

    相続税対策をするくらいですから、税金も凄そうですね。
      ↓
    にほんブログ村テーマ


    もう、、ブログの広告がどうのだとか、そんな小さい話はどうでもよくなります。この話は昨日の記事をご覧ください。

    わたしの伯母も、お金持ちだという事がわかったのですが、残念ながら、私は相続人ではありません。(-_-;)
      ↓
    軽度認知症の伯母の資産は2億円近いのですが、それでもお金を持っていないが口癖です。

    他に、相続人のいない、お金持ちの親戚はいないかしらー。(笑)

    少し前にも学生時代の友人が、生前贈与?家業の土地建物の名義変更をしてもらったと言っていました。
      ↓
    「頑張ってきてよかったね」の言葉もちょっと虚しい遺産相続。仲良し兄弟に亀裂。

    そんな年齢になってきたという事なのでしょうね。


    あ、、親戚の相続と言えば、少し前に裁判所から、通達が来たことがありました。

    IMG_1409.jpg
    探したらまだありました。これは判決になっています。


    確か、私のおじいちゃんの兄弟のそのまた云々、、、、というような方が、土地を名義変更されずに使用していて、私の父もその土地の何十人?もいる相続人のうちの一人だったようで、父が亡くなっているので私たち姉妹全員に名義変更するにあたって不服があれば、、、という内容だったと思います。

    裁判所から通達なんて、心臓が止まる位ビックリしました。

    もちろん放棄しました。(不服などないので裁判所に行かなかったという事です)


    降ってわいたような友人の相続の話に私は、「まるでドラマのような話しだよね」と言いました。(ドラマだったら、ここで事件に発展するよね)

    いいなあと単に羨ましく思ったのでした。



    私は地道に?こちらで勉強しようと思います。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    マネー、財テク、資産形成



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    遺産分割・遺言・相続・争族


    にほんブログ村テーマ
    MONEY、資産運用、お金の増やし方


    にほんブログ村テーマ
    主婦のつぶやき・・・(*'-'*)


    にほんブログ村テーマ
    お金を貯める方法



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • 先日、いつもは仕事をしている友人に、3者面談で、休みとったからご飯でも、、というお誘いを受け、丁度予定がなかったので、ランチに行く事になりました。(進学校だから?3者面談は夏休みにあるそうです。子供はほぼ通常通り授業があります)そこで、色々な、とても羨ましいお話なども聞きましたが、私のブログにちょっとご意見を頂きました。それは、ブログの広告の件です。... 続きを読む

    趣味ブログ


    その友人は、ある習い事をしていた時に親しくなった友人です。

    かれこれ二十数年ほどの付き合いになります。

    最近はなかなか会えていませんでしたが、久しぶりのランチでした。

    その友人も、以前の仕事は一旦やめて、しばらく専業主婦を経て、またパートの仕事をしています。

    ご主人は、1部上場企業の、それなりの役職ですが、友人は専業主婦というのが苦痛なので、仕事は趣味のようなものだと言っています。

    そして、ご主人の趣味がブログを書く事だそうで、、見せて頂いたら、絵日記ブログのようなとても凝った内容でした。

    それを書くのに、夜中までかかって、寝不足になってしまうので、最近は更新もあまりしていないという話でした。

    その話の流れから、つい、「私もブログ書いているよ」と言ってしまったのです。

    (学生の頃からの友人達にはブログを書いている事は言っていますが、その他の友人、知人には言ったことはありませんし、言わないつもりでした)

    私が、めんどくさがりで、勧められてもフェイスブックもしなかったので驚いていました。

    feisu.jpg

    で、根掘り葉掘り聞かれることになったのです。

    「見せて」

    「無理です」

    と何度も同じやり取りをして、、、


    ブログの広告


    私は、ブログを書いていますが、グーグルアドセンスという広告を貼りつけています。

    その収益は、微々たるものですが、どうせ書くのだったら、多少なりとも収益になる方が、モチベーションも上がるし、続ける張り合いにもなります。

    最初は、それなりに期待をして始めましたが、、、(笑)

    例え最低賃金ほどの時給でも、パートの時給の方がはるかに、はるかーに高いです、、、(-_-;)

    で、そんな風に、「いくらかにでもなればいいなあと思って」と広告の事を話しました。

    すると、そういう仕組みを知らなかったようで、「ブログが収入になるのはおかしい。まともではないのではないか」というような事を優しく遠回しに言われました。

    ご主人のブログの広告は、ブログを運営している会社が配信しているもののようで、収入にはならないそうです。

    そして、「今まで、何となく興味がある広告を見たり、そこから商品を購入することもあったけど、それが誰かの収入になっていたんだね。何だか騙されているみたい。もう広告をみないようにしよう」と言われました。

    そんな風に『誰かの収入になるのなら嫌だ。騙されているみたい』と思う人もいるんだなあと知りました。

    そういう方が多いのかな?

    それも一つの考え方ですね。

    この友人は、言い方はとてもソフトにですが、ちゃんと自分の意見を言ってくれるので、例えそれが自分と考えが違っていても、素直にそんな考えもあるのだと思えるのです。

    それに、今まで友人が知らなかった世界だという事で、私が何か騙し、騙されているのではないかと心配してくれたようです。

    実家は商家


    私の実家は、商売をしていました。

    そして、私の住む家は商店街の中でした。

    実家の家業は、広告を出すような家業ではありませんでしたが、周りの方々は、色々なところに広告を出されたりしていました。

    それは、町の情報誌であったり、パンフレットだったり、折り込み広告だったり、色々です。

    広告を出す方は、少しでも人の目に留まる方法や効果がある方法を考えると思います。

    実家の商売は、直接のお客様が、近所の方ではありません。

    ですが、近所は商売をしている人がほとんどなので、肉屋さん、魚屋さん、八百屋さん、雑貨屋さん、洋品店、呉服店に装飾品などほとんどの日用品が全て近所で揃うような環境でしたので、買い物は全て近所ですることが常です。

    ちょっと離れたところにあるスーパーの袋をぶら下げている事が悪い事であるかのような雰囲気の中育ってきました。(そのスーパーが出来た時は、商店街の組合のようなもので対策会議が開かれたこともありました)

    syoutenngai.jpg

    我が実家では、近所づきあいもかねて、出来るだけ買い物は近所で、お得意様で、そして親類縁者ですることが当たり前。

    ですので、今でも私は、知人を介して購入することが多いです。

    電気屋さん、保険、自転車、車などなど、、、

    全てとは言いませんが、どうせどこかにお金を払って買うのであれば、自分の身近な人から買って、わずかでも潤ってもらいたいという考えが身についています。

    (無理しているのではなく、自分がそうしようと思うものだけです。家は好きなところで建てましたし、化粧品は友人が勧めてくれたものは合わなくて使えませんでした)

    多少高くつくこともありますし、かえって値引きして頂くこともあります。でもそこは重要ではありません。

    自分がそうしたいから、そうしているだけです。しがらみで仕方なくというわけではありません。

    この感覚は、姑も同じでした。姑はもっとかな?

    我が家の姑も買い物は知人からが多いです。→姑は捨てられない人ですがケチではない。ローソンのうなぎを買ってもらい、さらにお小遣いをもらう。

    で、、、それはブログを見ていて、商品を買う時も同じです。

    どなたかのブログを見ていて、何か商品を紹介していらっしゃって、それを使ってみたいと思ったら、その方の広告から入っていきます。

    同じものを複数の方が紹介してあったら、よくお邪魔させて頂いている方の広告から入っていく事が多いです。

    それは、どうせどこかで買うのならば、情報を得たところから、又は好きな方からや身近な方からと自然と思ってしまいます。

    こういう感覚って、私ってやはり、商売人の娘だなあと思ったのでした。

    ですが、そういう事に詳しくもないので、それがリンクしてあるだけなのか(私はこれが多い)、広告なのか、、、ブログサービスの会社の広告か、個人のものかの区別はつきません。そのうち勉強したいと思っていますが、何分お尻が重いので。


    それに友人が反対でも、、、私は、広告を貼っていることは、おかしい事とは思っていません。見たくないなら見なければいいのですから。

    Yahoo!だって、クックパッドだって、ブログ村だって、広告が入っていますし、私はそれが会社か個人かという違いだと思うのですが、それは、人それぞれの感覚で、嫌だと思うなら、検索さえもしないという事も選べます。

    新聞や雑誌にも広告が載っていますしね。

    最近の我が家の新聞は3分の1は広告です。


    私は、自分のブログに広告を貼るという事が出来ると知った時は、そんな方法があったのか、だったら私もやってみたいとワクワクしたんですけどねえ。お尻が重いので、すぐには行動に移せませんでしたけどね。

    これも、私の常識は他人の非常識なのでしょうね。(笑)

    世の中は、いろいろな人のいろいろな考えで成り立っています。


    ですが、この後この友人に、広告収入がどうだとかそんな小さい話が吹き飛ぶような羨ましい話を聞かされたのでした。

    明日へ続く。



    世の中、いろいろな事が収入につながるのだなあと勉強になります。そういう情報が満載のトラコミュです。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    収入2倍!自分らしく楽しく稼ぐネット副業



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    初心者のための、マネー入門!


    にほんブログ村テーマ
    チマチマ稼ぐ


    にほんブログ村テーマ
    女性のための情報満載


    にほんブログ村テーマ
    主婦のつぶやき&節約&家事etc...



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • 先日、ちょっと懐かしい方(男性)から電話を頂きました。以前の仕事(12~3年前)でお世話になっていた方です。(同じ会社ではありません)その仕事の事で、当時の事を質問をされたのですが、昔話に花が咲き、懐かしい人たちの話に花が咲きました。そして、当時仲良くしていたもう一人の同僚を誘って、「ご飯行こう」という事になりました。... 続きを読む

    都合が合わない


    早速、当時の同僚に連絡をしました。

    その人は、今、別の仕事をしていて、出張であちこちを飛び回っています。

    年に数回は連絡を取り、食事に行く事もありますが、ただでさえ、なかなか時間を作る事が難しい状況です。

    今月は海外に行く予定なので無理だという返事でした。

    その旨をその吉岡さん(仮名)に伝えると、「では2人で行こう」と言われました。

    転勤


    その吉岡さんは、私が会社を辞めてからすぐに関西へ転勤し、5~6年ほど前に戻ってきていましたが、今度は9月に関東へ転勤が決まっているそうです。

    ですので、別の機会にというわけにはいきません。

    それと、その吉岡さんは、独身です。(バツイチ)

    ですので、問題ないと思うのですが、私は、男性と2人で食事に行くと言うと、夫が嫌な顔をすることは目に見えています。(、、とこの時は思ったのです)

    hukigenn.jpg

    私は、「2人では、無理だな。主人に言ったら、不機嫌になるだろうし」と言いました。

    すると、「なんで?ご飯行くだけなのに?しかも昼間だし」と不思議がられました。

    そして、「じゃあ、言わなければいいんじゃない?」と、、、

    ですが、田舎の主婦がイケメン男性(10歳位年下)と2人で食事に行ったところを誰かに目撃されて変な話にならないとも限らないし(実際に、尾ひれがついているだろうと思われる噂も聞いたことがあります)、黙って行って、それがわかった時の方が、すごく怪しい事になるような気がしたので、、、

    「うちの主人、ものすごくヤキモチヤキだから。後から男の人と食事に行ったなんてばれたら、めんどくさい事になるから」と言いました。(実際には、そんなことはありませんが)


    自意識過剰かと思われたかも知れませんが、めんどくさい事は大嫌いなので、そうならないようにする癖があります。

    最後まで不思議がっていましたが、結局、「また次の機会に、みんなで会おうね」と当てのない約束で終わりました。

    仕事をしていた頃


    仕事をしていた頃は、男性と2人で車に乗る事もありましたし、上司と2人で食事をすることもありました。それを誰に見られようと仕事上の事という正当な理由があるので、特に気にしたことはありません。

    ですが、専業主婦になると、異性と食事に行く事のハードルの高さを感じました。

    そういえば専業主婦になって異性に食事に誘われた事は初めてだな、、

    しかも全く下心もないお誘いですが、、、それすら、行く事に罪悪感があります。

    これが浮気などとなったら、、私には無理だな。気が小さすぎて。

    結局、行かない事にしたことを、元同僚に言うと、これまた、「何で?ただのご飯でしょ。2人で行けばいいのに」と言われてしまいました。(元同僚は子供はいませんが既婚者です)

    私の感覚がずれているのかしら、、、

    でもこれが、イケメンの年下男性ではなく、ブサメンの10歳年上の男性だったら?

    行くかもしれないな、、(笑)

    浮気の始まり


    夫が女性と2人で食事に行ったと聞くと面白くないだろうという事が前提にあるので、そんな風に思ってしまうのでしょうね。(おそらくです)

    食事

    実際、夫のそんな話は聞いたことがありませんが、言わないだけなのかしら?

    まあ、、、例え聞いてもとりあえずは何も言わないと思いますが。(それも時と場合によると思います)


    これも、随分昔に浮気の始まりの多くは、2人での食事がきっかけと何かに書かれていたものを読んだことがあります。それが頭に残って、なるほどと思ったからかな?

    どこからが浮気なのかしら。。。

    私は、この世の中で一番素敵な感情は人を好きになる事だと思っています。そして、人を好きになる気持ちは簡単には抑えられないものだとも思います。

    不倫だって、その抑えられない気持ちの先にあるものだと、、、それはもしかしたら、純粋な愛なのかも知れません。

    だから、万が一そうなる前に、予防?する方がいいのではないかと思ったのですが。

    人によって意見は色々なようです。


    その数日後、某タレントさん50代の方の不倫騒動(ダイジェスト版みたいな)を見ていた夫が、「もう、この歳で、たとえ浮気しようとそれほど騒ぎ立てなくてもいいんじゃない?」と言っていたので、

    「私が、男の人と食事に行っても別に何も言わない?」と聞くと「別にいいんじゃない」だそうです。o(`ω´ )o

    ほんとかなあ。

    以前は、会社の男性の話をすると不機嫌になっていた頃もあったのに、もうどうでもいいのでしょうね。(笑)

    私の取り越し苦労だったのかも知れません。

    それともまさか、、、夫もそういう事があるのかしら?((((;゚Д゚)))))))


    これぞ人それぞれの意見が分かれる分野なのだと思います。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    不倫、禁断の恋



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    夫を愛してますか?


    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    こんな生き方があってもいいよね♪




    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
  • 自分では、自分の事あまり見えていないことがあります。友人たちと会って、感じた事を書こうと思います。先日友人達6人が久しぶりに会って食事をしながら話をしました。その友人の中に、たくさん愚痴を言っていた人がいました。... 続きを読む

    まとめ


    その友人は、とても頑張っていて、いいお母さん、いい奥さん、いいお嫁さんです。

    気が強くて、しっかり者という事もありますが、本当に感心する位頑張っています。

    いつもすごいなあって思います。

    そして、旦那さん、お義母さん、子供達の話になるのですが、とてもとても一生懸命なんです。

    全ての事に手を抜かないようなところがあって、

    子供が朝早いから(社会人)5時に起きてお弁当を作らないといけない。

    旦那さんが、夜遅いから、食事をするのは22時過ぎになるので、食べないで待っている。

    自分も仕事をしているから、早く寝たいけど、寝るのが12時過ぎになってしまう。

    ちょくちょくお義母さんの呼び出しがあって、行かないといけない。(お義母さんに対しての愚痴)

    で、、

    息つく暇もなく、自分の近況と愚痴を話していたら、別の友人の一人が「もう、社会人なんだから、子供のお弁当なんか作らなければいいじゃない。私は、作っていないわよ」って言ったんです。

    すると、「それが出来ないのよ。見ていると色々世話をしたくなるの」って答えたんです。

    私は、吹き出してしまいました。

    吹き出す


    忙しいや大変を自分で作っているんですよね。

    よく考えると、私もそうだなあ。

    この友人も、誰も「お弁当作って」とか「ご飯は、食べないで待っていて」などとは言われたわけでもないのに、、、好きでしているのに、、、

    愚痴になってしまうんです。

    実際、子供はせっかくお弁当作っていても持って行かない時もあるし(これも不満)、ご主人は「先に食べていて」と言うそうです。

    これ、、そっくり、私のようだと思いました。

    正確に言えば、少し前の私。

    この友人程、頑張ってはいなかったのかも知れませんが、いい妻、いい母、いいお嫁さんにならないといけないと思って、自分のキャパを超えているのに、出来なくてイライラしていました。

    体も悲鳴を上げたんです。

    今でも、多少はそういうところがあります。家族に対しても、ズボラではないように見せる為に見栄を張るようなところ。
      ↓
    家族にも見栄をはる?我が家の家族は誰も私がグータラだとは思っていません。その理由とは?

    もっとダメなところを認めようと思って今、実行中です。

    ゴロゴロ1

    試しに、日曜日は私も休日宣言をしてみました。(日曜日は、ご飯作らない宣言です)→主婦の休日を作る。日曜日は、主婦業を休日にして、しないといけないという思い込みを断捨離します。

    すると、誰も文句など言いませんでした。

    子供達ももう大学生ですし、夫も自由にお昼過ぎからビール片手にスポーツ中継などを観ていますし、みんな自分の時間を自由に過ごしています。

    私も好きに過ごそうと思ったのです。

    ですがそれでも、自分のご飯を準備していると、つい家族に「〇〇作るけど食べる?」などと聞いてしましいます。

    そして、それだけでは済まず色々作ったり、、、

    結局全員分普通に作ったり、、(滅多に家族全員が揃う事はありませんが)

    自分だけの為に食事を作る事が悪い事のような気がするんです。誰もそんなこと言わないのに、、、

    例え言われても、作りたかったらみんなの分も作ればいいし、嫌だったら「今日は休日だから作らない」と言えばいいのですが。(-_-;)

    ですので、まだまだ修行中なのです。

    そうやって自分が好きで大変にしているのに、愚痴ってしまうっていうところがまるで私のようだと、、友人を見てはっきりと見えました。

    好きでしているなら、愚痴を言う必要はない。

    愚痴を言うくらい嫌だったら、しないでいい方法を考える。

    できるだけ、どちらかにしようと思います。(ですが、長年の習慣ってなかなか直らないのです。つい、好きでしている事でも、してあげているという風に考えがちです


    あ、、、でも、愚痴を言うって大切だと思います。

    これまで、吐き出すところがある事が、どれだけ自分を救ってくれたかわかりません。

    私も、友人にたくさん聞いてもらって、スッキリしていました。きっと、これからもそうだと思います。

    女子会

    ブログにも書きますしね(笑)

    愚痴を言えるところがあるって素晴らしいですし、その愚痴を吐き出すところが、家族でも、友人でも、ブログでも、、、ブログを書かなければ日記でも、ノートやメモになぶり書きでも。

    私は、心のもやもやは吐き出した方がいいと思っています。

    家だけではなく、心もスッキリさせたいですから♡



    こんなテーマもあります。ストレスを感じたら、吐き出してしまいましょう。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    ストレスの掃き溜め場



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    主婦のストレス


    にほんブログ村テーマ
    親友・友達・友人・友情


    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   

    ブログ村 片付け・収納(個人)   

    ブログ村 シンプルライフ

    人気ブログランキングへ
  • 友人のご主人の保険金の話をたて続けに聞いたので、そのことを書いています。前回は、姑に亡くなったご主人の保険金を半分おいて行けと言われた友人のお話でしたが、今回は、離婚をした夫の保険料を払い続けていた友人の話です。先日、離婚した友人の元旦那さんの訃報を、風の便りで聞いたので、友人に電話をしました。すると、友人は子供達を連れて、別れたご主人のお通夜には出席してきたと言っていました。... 続きを読む
    前回の記事です。→突然の夫との別れ。「家を出ていくなら保険金半分置いて行きなさい」と同居の姑に言われた友人。

    離婚の条件


    友人が離婚をしたのは今から15年ほど前になると思います。

    原因は、確か浮気、、というか本気。

    子供は4人でした。

    離婚するにあたって、細かく話し合いをし、養育費はそれぞれの子供たちが大学を卒業するまで払ってもらう。保険の受取人は、子供たちにして、支払いは実質友人が支払いをしていくという事で合意。

    保険は、元旦那さんが万が一の時に養育費が支払われなくなった時の事を考えてと、子供達に何も残してあげられないかも知れないから、60歳までは保険に加入しておくという事でした。

    友人は、離婚後、働きながら資格を取り、子供4人と生活ができるくらいになっていました。

    ですが、元ご主人は、浮気相手とは別れたようで、生活が荒んできたようでした。

    次第に養育費が支払われなくなったそうです。

    養育費

    それでも友人は、とても仕事を頑張っていたので、養育費が振り込まれなくなっても、何とか生活できるくらいにはなっていました。

    父親としては、それなりに普通の?お父さんで、男の子が反抗期の時は、友人も元旦那さんへ相談もしていたようです。

    はたから見ると、離婚してからの方がお互いにいい関係のように見えました。

    ですが、仕事は行ったり行かなかったり。

    医療系?の専門職なので、行けばそれなりの収入になるようですが、一人なので、気が緩んでしまうのか、生活自体が荒んでいたようだったと言います。

    養育費も度々支払われないようになって。。。

    ですが、現金なもので、新しい女の人ができると、次第に仕事もうまくいくようになり、独立して、自分で直接開業するようになりました。

    再び、養育費もきちんと入ってくるようになってしばらくしての事です。

    病気で入院


    2年ほど前、その元旦那さんが病気で入院しました。

    その時に、保険の入院給付金を請求していいかと聞かれたので、入院給費金は本人しか受け取る事が出来ないし、入院中や働けない期間は収入も途絶えるので、元旦那さんが受け取られたそうです。

    その後、こういう事もあるので、保険は自分が払うからという事になり、そのまま、元旦那さんが保険を支払う事にしたそうです。

    その時に、保険証券は友人が預かり、支払いは、元ご主人がするという事にしていたそうです。


    友人の子供の上2人は、それぞれ大学へ行きました。(次男は、大学在学中です)

    元旦那さんは、何もしてやれなかったので、自営業が成功したら財産を、そして自分に万が一の時は子供達に少しでも保険金を残したいと話をしていたそうです。

    再婚


    それからすぐ、元ご主人が一回り以上はなれた若い女性と再婚。

    その時も保険について話し合って、受取人が子供になっている保険を今まで通り友人が払うからと言ったそうですが、今は仕事がうまくいっているから大丈夫、他の保険と一緒に自分が払うと言われたので、そのまま元旦那さんが支払いをすることになっていたそうです。

    そして、先日、急な元旦那さんの訃報。

    再婚したばかりでした。

    友人は、迷ったそうですが、子供達には父親であると思い、子供たちを連れてお通夜へ。

    数日後、保険金の請求に、どんな書類が必要かと思い、保険屋さんへ連絡をしたら、、、

    「受取人は、奥さん(再婚した)になっている」と言われたそうです。

    友人はビックリして、「手元にある保険証券には、子供の名前になっているんですけど」という事を言っても、お話しできませんと言われました。

    何が何だかわからないまま、友人は他人なので、離婚していても、肉親であり、受取人である長男(社会人)に後は任せて、その長男と保険屋さんが話をしたら、再婚された奥さんに受取人の変更をされていたそうです。

    保険証券

    どうして?

    新しい奥さんを受取人にするなら、新しく別の保険に入ればいいのにと思っていたら、、

    少し前に入院された病気は、悪化すると生死にかかわるような大きい病気なので、新たに保険に入れないのだそうです。(友人は、本当の病名を亡くなられてから知ったそうです)

    元旦那さんが言い出したのか、再婚された奥さんが言い出したのか、、亡くなられることを予想してのことなのか、、、保険金の受取人は新しい奥さんに変更されていました。

    結局


    離婚して15年、そのうち、友人がその保険を支払っていた期間約12~3年。

    そして、まだ3人分の養育費の支払いの期間でもありますが、それも今となっては、支払ってもらえません。

    何だかやりきれないような話です。

    元旦那さんにしたら、友人の事はどう思っていたのかはわかりませんが、子供達のことは、部活動の試合をこっそり見に行ったり、時々ラインでのやり取りをされていて、、、可愛いがっていたように思えます。

    ですが、再婚したばかりの奥さんの方が可愛いものなのでしょうか?

    例え、再婚されても子供たちにとっては、お父さんです。特に一番下の高校生の娘さんは、元ご主人のご遺体にすがるように抱きついて泣いていたそうです。


    そのことを私に話した友人は、

    「最後の最後まで子供たちにもこんな仕打ち。お通夜での涙、返して欲しいわ」と言っていました。

    うーん。。。

    この友人も波瀾万丈な人生なんですよねえ。

    「私の人生、本にしたら結構面白いと思う。ブログに書いてもいいよ」と言うので記事にしてみました。(友人はブログは読まないそうですが、私がブログを書いている事は知っています)




    子供と離婚の問題の記事はこちら
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    子供と離婚、不倫、別居、再婚の問題



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    生命保険


    にほんブログ村テーマ
    離婚、別離


    にほんブログ村テーマ
    ダメ男


    にほんブログ村テーマ
    * 50代を 素敵に生きる *



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   

    ブログ村 片付け・収納(個人)   

    ブログ村 シンプルライフ

    人気ブログランキングへ
  • 少し前の事になりますが、それぞれ別々の機会に、友人と話していたら、立て続けに旦那さんの保険金の話(結構重い話)がでたので、そのことを書こうと思います。今回は、旦那さんのご両親と同居していた友人の旦那さんが、突然事故で亡くなった時のお話です。その友人は、高校を卒業して数年後に高校の時から付き合っていた人と結婚しました。20歳でした。... 続きを読む

    同居


    それは、先日久しぶりに会った同級生です。そしてその旦那さんも、私もよく知る同級生です。

    その二人は、中学校の頃から仲が良かったのですが、高校に入ったころに付き合うようになったそうです。

    美男美女のカップルです。

    そして、地元も同じなので、お互いに家に行き来するようになって、20歳の時、いわゆるできちゃった結婚でした。

    ninnpu.jpg

    当時の旦那さんのお給料が10万円と少し、その中から車のローンを払っていたので、とても自分達だけでは生活できないという事で、旦那さんのご両親と同居することにしたそうです。

    当たり前かもしれませんが、旦那さんのお義母さんから家に5万円を入れるように言われ(本当は8万円と言われたそうですがローンを支払っていたので)、残りでローンを払い、オムツやミルク代、旦那さんのお小遣いを捻出するとほとんど残らない状態だったそうです。

    それから、2人目の子供が生まれ、それなりに不満や義両親との衝突もあったそうですが、自分が働けるようになったら、アパートを借りる事を目標にがんばっていたそうです。

    その矢先に事故でご主人が亡くなりました。

    下の子供はまだ0歳。

    その話は、私たち同級生の間にはあっという間に広まりました。

    保険金を置いて行け


    毎日、泣いて暮らしていた友人をとても心配し、お母さんがしばらく実家へ戻ってきたらどうかと言われたそうです。母乳も出なくなり、2~3日実家で過ごして家に戻ると、なんだか部屋が荒れている。

    どうしたのかと思っていると、お義母さんに、保険はどうしたのかと聞かれたそうです。

    hokenn.jpg

    部屋が荒れているのは、友人が居ない間に、保険証券を探す為に部屋のあちこちを家探しされていたから。

    旦那さんの保険は、結婚前にお義母さんの知り合いの方に進められた保険に入っていたので、受取人はお義母さんだったのですが、支払いがきつかったのと、受取人を自分に変更するために別の保険に入り直していたそうです。

    その保険の受取人が自分のままかも知れないと思っていたらしく、その保険はどうしたのかと聞かれたそうです。

    その保険は解約し、別の保険に入った事を言うと、、、「息子が亡くなったら、自分達の生活が成り立たなくなるので、この家を出るのならば、保険金を半分おいて行きなさい」と言われたそうです。

    まだ、先の事もよく決めていなかった上に、保険金を置いて行けと言われたので、頭に血が上り、悲しさもそこそこに、怒りがこみあげてきて、「こんな家にはいられない」と再び家を飛び出し、一旦実家へ戻り、実家にはお兄さんとそのお嫁さんが居るので、アパートを借りてそこで暮らすことにしたそうです。

    お金が絡むと、息子の死を悲しむより、生活の心配をしている義母に腹が立ったと言っていました。

    生活が成り立たないと言っても、お義父さんは公務員なので年金生活になってもそこそこ生活に余裕はあるはず。

    ですが旦那さんのお義母さんはパチンコが大好きなので、お金が必要らしいのです。

    毎日のように、パチンコへ行っていたようで、家に入れていた5万円はパチンコ代だったのではないかと言っていました。

    友人は、そういう修羅場をいくつも乗り越えて、今に至っているので、とてもたくましいのです。

    住むところさえあればなんとかなる


    友人が、まずしたことは、小さいながらも家を買うこと。

    maiho-mu.jpg

    家賃が結構高いので、公営住宅に入る手続きをしようかと思っていたら、友人のお母さんが、「保険金があるのなら、家を買ったらどうか」と言われたようで、住むところさえあれば、自分が働けば何とかなると思い、思い切って家を購入。

    それが、尾ひれがついた噂となって色々言われたことがあり、、、

    亡くなった旦那の保険金で家を買い、悠々自適な生活をしていると噂になったようです。

    義母が怒鳴り込んで来られたこともあるそうですが、そんな噂もものともせず、お義母さんの嫌がらせ?も華麗にスルーし、今に至っているのです。

    今では、娘夫婦と住んでいて、孫もいるし、家があったから今の生活が出来ているし、家を買った事は良かったと言います。

    悠々自適という事は無かったけど、病気をして働けない時期があっても何とか暮らしてこれたのは、保険金のお陰だと言っていました。


    スマホの写真を見せてもらいました。

    友人は元々美人だったのですが、その娘さんもこれまた美人。(スカウトされたことも数回あるそうです)

    そのまた孫もとっても可愛いです。

    美男美女の遺伝子恐るべし。(笑)



    生命保険、しっかり加入派?節約派?保険に関しての情報がたくさんです。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    生命保険



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    嫁・姑・舅・子姑・そしてバカ旦那


    にほんブログ村テーマ
    主婦のストレス



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   

    ブログ村 片付け・収納(個人)   

    ブログ村 シンプルライフ

    人気ブログランキングへ
  • しばらくは、仕事はしないと思っていました。ですが、ひょんなことから知人に頼まれて、パートに行く事になりました。パートというよりはアルバイト?(違いがわかりません)お話しでは、私の都合がいい時だけでもいい、短時間でもいいという事ですが、、果たして本当かなあ。(記事の最後に毎日訪問して頂いているFC2ブログの方へのメッセージがあります)... 続きを読む

    知人に頼まれて


    先日、ショッピングモールで知人とバッタリ。

    詳しく言うと、知人のご主人です。

    私が仕事に行っていると思っていたようで、「今日は仕事休み?」と聞かれたので、「辞めたんです」と答えました。

    すると

    知人 「今は、何しているの?」

    私  「遊んでいます。(笑)」

    知人 「優雅だよねえ」

    私  「そのうちに仕事しないといけないとは思っているんですけどねえ」

    こんな会話をして、別れました。

    すると、、、翌日にその方の奥さん(知人)から電話がかかってきて、

    1電話

    知人 「今、仕事していないの?旦那から聞いて電話したの」

    私   「色々あって、辞めたんです。しばらくは遊ばせてもらっています」

    知人 「来れる時だけでいいから、家、手伝ってくれない。繁忙期だけもいいから」

    私   「えっ」

    知人  「週に1日でも2日でも3日でもいいのよ。時間も午前中でも午後でも空いた時間でいいから」

    私   「・・・」

    知人  「人が居ないから、すごく困っていて、ちょっとでもいいから手伝ってもらいたいの」

    私   「繁忙期って何時くらいまでですか?」

    知人  「7月いっぱいくらい。お願い。ちょっとの間だけでも、、、ずっといてくれるともっとありがたいけど」

    などというやり取りがあり、何となく押し切られる形で、しばらくお手伝いに行く事になりました。

    これまで、何度かランチをご一緒したことがある方だったのでてっきり、ランチのお誘いかと思っていましたが、私って何ともおめでたい、、、(-_-;)

    体調と相談


    色々な事情があって、しばらく仕事はしないでおこうと思っていました。

    今でも仕事はしたいと思っていますが、前職を辞めたのは、体調を崩したことも理由の一つでした。

    自分では、仕事は楽しかったので、それほど体に負担がかかっているとは思わなかったのですが、娘の塾の夜遅くの送迎、その後に洗濯や家事、早朝のお弁当作りなどで、睡眠時間が3時間ほどという事が続いて、自律神経がおかしくなったことが原因だと思われました。

    それに加えて、交通事故未遂(運転の途中で意識がとんで、路肩で車体とタイヤをこすったりなどのほぼ居眠り運転)をおこし、もう限界かなあとも思っていました。

    637376c9d57cb70fb57c68e1abf7f5da_s.jpg

    仕事を辞めて、少しずつ体調も良くなりましたが、まだ不調なところもあります。

    それに、仕事をしていない理由はそれだけではありません。ブログに書いていない諸事情もあります。

    丁度、色々な事が重なっての事でした。

    本当に好きな仕事だったので、未練がありました。

    少しだけならと同じような職種のアルバイトに応募したこともあります。→『ショック』アラフィフ女、アルバイトへ応募した履歴書返送される。面接もしてもらえませんでした。

    今回は、したい仕事ではないようですが、色々考えて、これも何かのご縁だと思い、支障がない程度にお手伝いに行く事にしました。

    仕事の内容は、なんと、、、『片付け』です。

    その知人は、ご商売をされていて、人手がないので、在庫を店頭で販売したり、発送をしたりしてその倉庫の管理が全くできていないので、倉庫の片付けと在庫の整理をしてほしいという事です。

    1日2時間くらいでも、週に1日でもと言われましたが、実際に行くと、それだけでは終わらないような気もします。

    、、、というか、帰りにくくなるのでは?と思うのですが、どうなることやら、、、

    幸い、義母の通院も週に1回くらになってきましたし、実家へも週に1~2回ほど様子見に行っていますが、特に変わったこともないようなので、自分の体調とも相談しながら、無理はしないようにしようと思います。

    それと、その他の諸々の事にも支障がないようにと思っています。

    ブログについて


    私はFC2ブログを使っていますが、FC2ブログの方同士の訪問は、特別な設定をしない限り、訪問の足跡が残ります。

    ブログを始めた頃は、『自分のブログを見に来て頂いた方はどんなブログを書いていらっしゃるのだろう』と訪問してくださった方のブログを覗きに行っていました。

    すると、またその方が見に来て下さるという事がよくありました。

    きっかけは、私が先に訪問することも、相手の方が来て下さることもありますが、そうしているうちに特定の方は、自分が訪問すれば相手も訪問してくださり、バナーを設置していらっしゃる方のバナーをクリックするようになりました。

    これが、噂の応援クリックなんだと知りました。

    色々な方のブログを読むことはとても楽しく、自分と全く違う考えの方も共感するブログの方も、可愛い動物や、政治的な事、心の事、色々な想い、インテリア、料理、様々な情報、どれも参考になったり、考えさせられたり、素敵なブログばかりです。

    ついつい、夢中になってしまって、あっという間に時間が経ってしまいます。

    夜に娘の帰りを待つ間と、お風呂、洗濯の合間に読むことが多かったのが、だんだんブログ歴が長くなってくると、その訪問数もかなりの数になって、一通り読み終わるのが2時間くらいかかるようになっていました。

    それ以外にも色々な方のブログを読んだり、自分の記事を書いたりしている時間を合わせると、パソコンの前に座っている時間が1日の大半の時間を占める日も少なくありません。

    時には画面の前で、うとうとしてしまう事も、、、
    ブログ1

    それがとても楽しみなのでもありますが、仕事に行くようになるのをきっかけに、少し生活を見直し、ブログ訪問を不定期にしようと思います。

    そして、私のブログの足跡を消す事にしました。

    毎日訪問してくださるFC2ブログの皆様、いつもありがとうございます。

    今後も不定期にはご訪問くださった方のブログを見に行きますが、私の足跡は残らないと思います。

    記事も出来るだけ更新しようとは思いますが、こちらも不定期になる可能性もあります。

    ですが、私の断捨離や片付けのモチベーションは、このブログで保っていると思うので、できるだけ毎日更新しようとは思っています。

    FC2ブログの方もそうでない方も、今後ともよろしくお願いいたします。


    働きながら家事や育児ををこなしていくヒントがたくさんです。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    ワーキングマザー



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    ブログの記事、ブログの話題


    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす


    にほんブログ村テーマ
    暮らしの見直し


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   

    ブログ村 片付け・収納(個人)   

    ブログ村 50代の生き方

    人気ブログランキングへ
  • 先日、1年ぶりくらいに友人と会って話をした時に相続の話になりました。その友人は、ご主人が家業を継いでいらっしゃって、友人は結婚が早かったので、30年近くその家業を夫婦で切り盛りしています。その家業の建物と土地を合わせると相当な資産だと思われます。... 続きを読む

    これも引き寄せ?


    少し前に遺産相続の話をブログに書きました。

    その相続のお話しはこちら→遺産相続、法律通りに請求しますか?我が家は、この親(義母)あってこの子(義姉)あり。

    先日久しぶりに友人に相談があると電話をもらい、久しぶりに会って色々な話をしました。

    主な話の内容は、前日に記事にした、お嫁さんの実家の話(相談?)だったのです。

    こちらの記事で少し触れています→ゴミ屋敷、生まれて初めて見る光景に、ただただビックリしたお話。

    その話は、相談と言いながらも、愚痴を言いたいだけのようで、話したら、少しスッキリしたと言っていました。

    その後に、相続の話になったので、まさにブログの引き寄せ?と思ってしまいました。

    以前にもそんな風に感じた事があります。→これも引き寄せの法則なのか?ちょっと怖い。言った事、ブログに書いたことが現実になっている。

    相続の記事を書いていた時に、この友人の事が頭に浮かんでいたからです。

    その友人の相続の話です。

    仲良し兄弟


    友人のご主人は、男2人の仲良し兄弟です。

    実家は地元ではそこそこ有名なご商売をされています。

    友人のご主人はその家業を継いでいらっしゃって、弟さんは、全く別の仕事をされていらっしゃいます。

    友人とご主人は、高校を卒業して数年後に結婚。確か21~2歳の時だったと思います。

    それはそれは周りの人(特に友人のご両親)は反対しました。

    とても大変だという事は目に見えているからです。

    というのも、休みはほとんどなし、人が休みな時ほど忙しい。朝早くから夜遅くまで働き詰め。。。という事はその家業を知らない人でも想像できました。

    そして同居こそしていませんが、ご主人のご両親と一緒に働く事になります。

    ryokann.jpg

    友人は男勝りの勝気な性格ですが、情が厚く、尽くすタイプのようで、大喧嘩しながらでも一生懸命切り盛りしていました。

    子供の行事にもほとんど行けず、何度も嫌味や悪口を言われても、「行けないものは行けない」ときっぱり断ってきたそうです。

    友人数名と会おうという事になってもその友人はほとんど参加できなくて、たまの突然の休みに連絡が入って、私たちに用事がない時に会うという感じだったので、会っていない友人とは10年以上会っていないようです。

    その友人が、2か月ほど休みなしで働いていて、やっと連休にしてもらったという事だったので、私とは1年ぶりくらいに会いました。その前は2~3年位は会っていなかったと思います。

    そんな、大変な家業を継いでいるものの、実権はまだお義父さんにあるそうです。

    いつもお義母さんからは、「ここは半分は健二(弟)のものだから」と言われていたそうです。

    友人は、とても気が強く、たくましかったので、「じゃあ、お義母さんは老後は健二さん夫婦にみてもらってね。私は知らないからね」と嫌味を返すほどの間柄でした。

    母親は、息子どちらも分け隔てなく可愛いようで、嫁に関しては、いつも喧嘩しながら一緒に働いている嫁よりも都合がいい時だけ「お義母さん、お義母さん」と言ってくる次男の嫁が可愛いいのかも知れないとも言っていました。

    そんな中、お義父さんが「大切な話をする」とそれぞれ兄弟一家を呼んで、家族会議が行われたそうです。

    お義父さんは、「ここの名義全てを真一(友人のご主人)にする。これまで2人でよく頑張って来てくれたから、俺が誰にも文句は言わせない」と宣言されたそうです。

    これには、お義母さんも「えっ」

    弟は、「嘘だろっ」

    短い言葉ですが動揺していたそうです。

    ですがお義父さんが絶対的な権力者であるのでそれ以降は誰一人文句も言えず、、、そのまま手続きをすることになったそうです。

    ただ、問題は、弟夫婦です。

    kyoudai.jpg

    それまで、お嫁さん同士は決して仲がいいとは言えなかったようですが、兄弟は小さい頃からとても仲が良かったのに、ご主人と弟さんとはギクシャクしだして、それっきり会っていないと言っていました。

    家業を継いでいる友人は、そこがなくなったら家業を続けてはいけなくなるのでとても心配だったという事でした。(これ、この友人が、若い時からよく言っていた事です)

    私は「これまで頑張ってきて、良かったね」とは言ったものの、、、兄弟どちらも知っている人だけに複雑な心境です。


    親世代、自分がしっかりしている時に、ある程度の事は決めておくという方もいらっしゃるのでしょうが、多くの方は、遺言書などは作成していらっしゃらないのだと思います。

    話し合いで解決するのが一番ですが、それほどの資産家でなくてももめる事が多いのが遺産相続のようですね。

    我が家のお義母さんとお義姉さんには本当に感謝しています。

    その記事はこちら→遺産相続、法律通りに請求しますか?我が家は、この親(義母)あってこの子(義姉)あり。

    子供の立場で、遺言書を書いておくように催促する事も、親の受け取り方によってはもめ事になるかも知れませんし、難しい問題だと思います。

    遺言書があっても、もめ事がないとは限りませんが。



    相続問題でもめないためにも早めの対策が出来たらいいですね。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    遺産分割・遺言・相続・争族



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    こんな生き方があってもいいよね♪


    にほんブログ村テーマ
    主婦のストレス



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   

    ブログ村 片付け・収納(個人)   

    ブログ村 50代の生き方

    人気ブログランキングへ
  • ブログの盗用。今まで、何度かそんな記事を目にすることがありました。でも、そんな事、私のような弱小ブログには起こらない事だと思っていました。ですが、まさか、まさかの事態に、動揺してしまいました。... 続きを読む

    ちょっと試しに検索


    先日、ブログが盗まれているという記事を読みました。

    シンプルライフ、最強説ひどい!ブログが丸ごと盗まれてる!知ってるブログもたくさんありましたよ

    の記事です。

    その記事を読んで、その日は、『そんなの人気ブログだけだろう。私のブログはそんなことないよね』と思い、何もしませんでした。

    ですが、次の日何となく気になって、その記事に書かれている通りに、自分のブログのタイトルを入れて検索してみました。

    それらしきページは表示されず、該当しないんだと思っていました。

    自分の記事は見つける事が出来なかったので、安心というか、『あるわけないよねー』と思っていました。

    その後、リンク先のブログの記事を読んだりしていました。

    もう一度、URLを入力してみましたが該当なし。

    ふと、知っているブログがあったという事だったので、どんなブログが盗用されているのだろうと思い、断捨離と入力してみたら、、、

    何と私のブログ名がありました。

    わたしのURLではないものが、、、

    ガーン うそっ。何で?

    ブログのパクリ

    検索の仕方は

    グーグルの検索窓に、エイチttp://rannkingドットcom/yoko/tateドットcgi/(エイチとドットは打ち直してください)と入力して、その後に続けて自分のブログタイトルを入力する。(私は、ブログURLを入力しましたが該当なしでした)

    調べる時はURL欄に直打ちじゃなく、あくまで検索欄で検索する事。(私はまず、ここに入力したので何も出ませんでした)

    後から気づいたのですが私は、最初にURL欄に入力したので検索されず、その後検索欄に入力したので表示されたようです。

    詳しくは、この記事の中に「シンプルライフ、最強説」と「借金地獄な人生だけど自業自得」をリンクしていますのでそちらの記事を参考にされてください。

    意味が分からない


    恐る恐るコピーサイトを開いてみると、文章が縦書きになっています。数字が反転していたり。

    これって、何かそういうコピーツールがあるのでしょうか?

    どうして私の?

    もっと人気ブログがあるじゃない?

    何のために?

    ちなみにわたしのは広告を貼られているようでもなく、意味が分からない。

    これって、実害があるのでしょうか?

    『シンプルライフ、最強説』の中にあった別のリンク先にもう一度飛んでみました。

    借金地獄な人生だけど自業自得』のブログの大規模パクりドメインを晒すと共に対策と予防の紹介。要チェック

    こちらの記事に、対処方法が載っています。(予防策も載っているので、該当しなかった方も是非、見ておくといいと思います)

    実害があるのかは、よくわかりませんが、その記事に書いてあった著作権の侵害の報告など、私にできる事をしてみようと思っています。

    これが結構面倒くさい。(-_-;)

    もう一度確認してみて下さい


    内容や人気に関係なく色々なサイトをランダムに機械的に収集されているとの事です。

    もし、同じ記事をご覧の方で、ご自分のブログをお持ちの方、ご自分のURLやブログ名で出てこなかったと思って安心された方でも、ブログ名の一部の単語を入れて入力されてみて下さい。

    検索

    私のブログ名は『一念発起の断捨離』なので、一念発起か断捨離で検索をしてみるというように、、、

    もし、片付け〇〇とか、××シンプルライフとかのブログ名だと片付けとかシンプルライフと入力してみると自分と同じブログ名で違うURLのものがあるかも知れません。

    実害があるのかはわかりませんが、もし盗用されていたら、それを知っておくと万が一何か問題があった時にある程度、対応ができるのではないのかと思います。

    同じ内容の記事がいくつか存在していると、グーグルの検索から本家ブログも飛ばされたりするそうです。

    他人ごとだと思っていたことが自分にもあるなんて、とってもとってもビックリでした。

    今後は、時々自分のブログ名を検索してみて、そのURLを確認したりしようと思います。(ちなみに私のブログ名を入力して検索しても盗用のURLは上位表示はされないようです)


    『シンプルライフ、最強説』のきむらゆきさま、記事を書いてくださってありがとうございました。

    『借金地獄な人生だけど自業自得』のこてつさま、対処方法がとても参考になりました。

    ありがとうございました。


    追記 6/3現在、サイトは削除されているようです。



    著作権、被害者にも加害者にもならないように知識が必要だなあと思います。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    著作権



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    盗作bloggerと闘う


    にほんブログ村テーマ
    ブログの記事、ブログの話題


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    暮らしの見直し



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   

    ブログ村 片付け・収納(個人)   

    ブログ村 50代の生き方

    人気ブログランキングへ
  • 先日、実家のご近所の方が亡くなられた時の話しを聞きました。遺産相続の時の話しです。お金が絡むと骨肉の争いへと発展するという事は、ドラマだけの世界ではないようです。私の常識と世間の常識、それと法律、何だかしっくりこない話しも多いのです。... 続きを読む

    相続の権利


    実家に母の様子を見に行った時の事。

    玄関に、ご近所の方がいらっしゃっていて母と話しをしているようでした。

    生まれ育ったところのご近所さんなので、お久しぶりですの挨拶をして、私は家の中に入りました。

    しばらくは、話し込んでいたようですが、10分ほどで切り上げ、母がダイニングへ来ました。

    そして、私に、「子供がいないと旦那さんが亡くなっても兄弟に貯金を渡さないといけないの?」と聞くのです。

    私も、「ああ、確か、4分の3は奥さん、4分の1は兄弟じゃない?両親が健在なら、兄弟ではなく、両親に3分の1だったと思うけど」と答えました。(うろ覚えですが)

    母が言うには、先ほどの山田さん(仮名)のご主人が亡くなられた後、(子供がいないから)兄弟が預貯金の残高や資産状況を調べてきて、私たちに遺産相続の権利があると主張されたそうです。

    そして、山田さんは、貯金の約半分を払ったと言われていたそうです。

    通帳

    そちらのお宅は、ご主人は銀行にお勤めで、奥さんは舞踊の師範をされていて、多少名の通った方のようです。

    奥さんもそれなりの収入があられていたようですが、家も土地も金融資産もほとんどはご主人名義にされていたので、現金預金の半分ほどを兄弟に払ったという事でした。

    そんな話を聞くとなんだか理不尽に感じてしまいます。

    結婚後、2人で築いてきた財産なのに、たとえ法律がそうだとしても兄弟が相続の権利を主張することに違和感があります。


    そういえば、以前知人が遺産相続の件で弁護士を探していると言っていました。

    その知人は、実家が大きな農家でたくさんの土地を所有する資産家だそうです。知人は結婚して家を出ていましたが、ご両親とも亡くなられた時に、自分も相続の権利があると言われていました。

    家業を継いでいたお兄さんご夫婦とケンカになったようでした。

    家業を継いでいる方にしてみたら、財産相続の権利を主張される事は今後、今まで通りに家業を続けられないかも知れないという死活問題になりかねません。

    その知人は、法律で認められている権利があると言っていました。(その後どうなったかは聞いていませんが)

    世間でもテレビドラマのような問題が実際に起こっているようです。

    我が家の場合


    我が家の場合、私と結婚する前に、旦那さんのお父さんは亡くなられています。

    私は、旦那さんお父さんは知らない(会った事がない)のですが、その時に、遺産相続は全て(と言っても家土地のみ)旦那さんの名義にしたそうです。

    お義母さんとお義姉さんは相続を放棄されたそうです。(まだどんな悪妻をもらうかもわからないのに)

    極端に言えば、私が結婚して子供を産んだ時点で、旦那さんが亡くなればお義母さんにはこの家の土地(家は古くてほどんど価値がなかった)の権利はなくなってしまい、全く他人のものになるかも知れないという事です。

    お義母さんもそんなことは微塵も気にすることは無ければ、お義姉さんも同じく、まだ見ぬ弟の嫁を信じていたのでしょう。権利など主張することもなく弟の名義へと変更したようです。

    おまけに、義母はほとんど貯金もない状態です。

    私にしてみれば、息子とまだ見ぬ嫁を信じすぎのような気がします。

    547dbf530a75bb3670fab4f1e895123d_s.jpg

    もちろん、いい意味で、この親あってこの子ありです。

    義母もですが、義姉も器の大きい人です。尊敬します。

    こちらの記事にも義姉の事を書いています。→「全部捨てられた」義母の言葉にお正月早々嫁姑バトル勃発?義姉の神対応に救われました。


    我が家の旦那さんにも爪の垢を煎じて飲ませてもらいたい。。。と、その前に私もでした(-_-;)

    何とかお小遣いを少しでも多く獲得しようとする夫(旦那さん)とそれを見透かしてチェックする妻(わたし)。

    夫婦は鏡、、、その通り。

    もっと器を広げようと思います。


    問題があった時はもちろんそうでない人も知識を広げる事が出来ます。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    遺産分割・遺言・相続・争族



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    日々の暮らしをシンプル&豊かに


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    もっと心地いい暮らしがしたい!


    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   

    ブログ村 片付け・収納(個人)   

    ブログ村 50代の生き方
  • 持ち家がいいのか賃貸がいいのか、ずっと前から論争されていた事です。今回は、絶対持ち家派のつわものの方のお話しです。人の価値観は色々だと思いますが、前々職の時の先輩にとてもすごい方がいらっしゃいました。何がすごいかって、とにかくお金を使わない。歓迎会、送別会、という~会は、参加費がかかるものは一切不参加で、会社主催の催し(無料)には参加されていましたが、その食べっぷりは豪快で、その細い体のどこにそん... 続きを読む

    人の価値観


    少し前の記事に、家を買うことに反対意見の方の記事を書きましたが、今回は、全く真逆の方の記事です。

    持ち家派、賃貸派の論争はずっと以前からありました。

    もう、それは平行線。

    前回は絶対に賃貸派の方のお話しでしたが、

    こちら→「またバカが家を建ててる」ローンを組んで家を建てた私の前で、娘の同級生のママが言った言葉。

    今回は、絶対持ち家派の先輩方お話しです。

    どちらも極端な考えの方々で、人の価値感は本当にそれぞれだと思う事の一つです。

    お弁当


    当時、今から15年以上前、私の仕事は営業職でしたが、入社当初は会社で昼食を摂る事も少なくありませんでした。

    お弁当持参の人も結構いましたが、会社の斜め前のスーパーは、結構な激安スーパーでしたので、日替わり弁当が300円位だったこともあり、そのお弁当を購入する人も多くいました。

    私も基本的にはお弁当持参でしたが、時々そのお弁当を買う事もありました。

    そして、数人でお弁当を買いに行った時、その先輩は、お弁当には目もくれず、日替わりお惣菜を購入。1個30円のコロッケ一つと袋入りちくわ70円位を持ってレジへ。

    別の先輩が「信じられないわよねー」などと言われていた理由が、会社に戻ってからわかりました。

    コロッケ

    その先輩は、ご飯だけは自宅から持って来ていて、おかずのみをそのスーパーで買っていたのですが、ちょっと変わったおがずの買い方をされていました。

    もちろん、そんなことは個人の自由ですが、他の先輩方の評判はすこぶる悪く、「ただのものもは人並み以上に持って行くのに」などと本人にも聞こえるように言っていました。

    その、節約家の先輩は、たしか当時50歳前後、息子さんも独立されていて、ご主人と二人暮らしでした。

    首にならない程度に働く


    その先輩は、営業成績は下の方でしたが、最低限のノルマは達成されていて、他にも教材を配ったりのアルバイトなども(仕事中に)されているようでした。本当はダメです。

    会社主催の忘年会の時に、私と同僚がその先輩の隣の席だったので、じっくりお話しをする機会がありました。

    その時に言われていたのが、「会社は、それなりの社会保障があるから、首にならない程度に働いていればいいのよ」という事でした。

    そして、私の娘ちゃん(保育園)へと教材を勧められ、断る事が苦手な私は、しばらくその教材を取る事になったのでした。

    家は投資?


    本題は、ここからです。

    その先輩は、新婚当初、町営住宅に住まれていたそうです。その時の家賃は1万円台。

    ご主人は、個人経営の町工場にお勤めで、お給料も安く(本人談)自分も働く事にしたそうです。

    そして、生活費を切り詰め、貯金をし、、家の近くの中古物件が売り出しになっていたけどそれがなかなか売れなかったので、それを値切って買ったのが1軒目。

    その家は250万円ほどだったそうです。

    そして、そのまま、貯金をつづけ、またまた中古住宅を購入。

    それよりは少し高い金額だったそうですが、現金で購入。

    今までの家は賃貸へ。その家の家賃をそのまま貯金。

    そしてさらにもう一軒中古住宅を購入。もちろん現金で。

    今度は、2件を賃貸へ。

    そしてその家賃もずっと貯金。

    そしてついに新築の建売住宅を購入。

    3件は賃貸へ。

    という風に、その当時(今から17~8年前)で4軒の住宅を持っていると言われていました。

    そのうち3軒を賃貸へ。しかも家賃は全て手集金だそうです。

    ちょっと例えは違いますが、まるでわらしべ長者のようにどんどんステップアップしていったようです。

    一緒に話しを聞いていた同僚は、賃貸のマンションに住んでいましたが、その先輩に、「家賃ほど無駄なものはない」と力説されていました。

    私より15歳以上年上だったので、現在はおそらく60代後半だと思います。

    当然、退職されていらっしゃるでしょうし、今は、どんな風に暮らされているのか、私はその方より、先に退職したので、その後の事はわかりませんが、おそらくもっと持ち家を増やされているのではないかと思うのです。

    ここまでできれば、家賃は無駄と言われることにも納得できます。

    ですが、これまた、感心したものの、私には、ピンときませんでした。その倹約ぶりは、すごい物がありましたし、本人はそれが生き甲斐のようでしたので、あまりにも感覚が違い過ぎて、あっけにとられるという感じでした。

    (ちなみに、その方はティッシュペーパーはほとんど買った事がなく、街で配られているポケットティッシュは複数個もらうそうですし、配っているところにわざわざ出向いて行くそうです)


    今から15年ほど前、私が住んでいる家からそう遠くないところに、超コンパクトな建売住宅が、新築で約1000万円で数棟売られていました。

    (我が家を建て替えて間もなくでしたし、1000万円で新築の家が買えるのかと思ったので覚えています。当時そのあたりの新築建売住宅は、安くて2000万円くらいから、大手ハウスメーカーの住宅は4000万円くらいが主流だったのです)

    new-home-1664317_640.jpg

    しばらくして、広告でその家が賃貸に出されている事を知りました。どなたかが、まとめて買われて賃貸として貸出していらっしゃるのでしょうか?

    家賃は7.5万円くらいでした。そしてすぐに人が入居されていました。

    それから15年、それらの家が空き家になっているところは見たことがありません。

    諸経費を差し引いてもずっと家賃が変わらなかったとしたら、その家が買えるくらいは家賃を払っていることになります。

    数年前にそれらの家は外壁塗装をされていましたのでもろもろの諸経費はかかっているのでしょうが、田舎だからと言って、新築の戸建ての家賃が極端に安いという事はありません。

    家を投資として運用できる方も少なからずいらっしゃるという事です。


    最近は、資産運用を積極的にされていらっしゃる方も多いようです。

    遅ればせながら私も、勉強したいと思います。

    あ、、、その前に、軍資金を貯めるのが先でした。(-_-;)



    もっと不動産投資を知りたい方はこちら。すごい方はいらっしゃるものです。
       ↓
    にほんブログ村テーマ
    不動産投資、一棟マンション、一棟アパート



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    貯金、貯蓄、家計、お金に関すること


    にほんブログ村テーマ
    50代を考え暮らす


    にほんブログ村テーマ
    素敵な大人のシンプルライフ


    にほんブログ村テーマ
    お金を貯める方法



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   

    ブログ村 片付け・収納(個人)   

    ブログ村 50代の生き方
  • 私の周りには、ほとんどミニマリストと言えるような方はいらっしゃいません。知らないだけかもれませんが、今まで、どこのお宅を訪ねても、物が多くてびっくりすることはあっても、物が少なくて驚いた事はありませんでした。スッキリと暮らしていらっしゃる方はおられますが、ミニマリストと言うほどの物の少なさではありません。私から見れば、ミニマリストさんは、ブログの中の人達、テレビの中の人達で身近な存在ではなかったの... 続きを読む

    従妹の家を訪ねて


    その従妹、由美ちゃんは、4歳下ですが、結婚したのが私と同じくらいで、娘ちゃんも我が家の娘ちゃんの2歳下です。

    結婚してしばらくは、叔母の家の近くに住んでいたので、よく会っていましたが、ご主人の転勤で隣県へ引っ越し、そこで家を建てて定住するようになったので、滅多に合わなくなりました。

    由美ちゃんの娘ちゃんが、アメリカの大学に入学するというので、お祝いもかねて叔母と母と私で、従妹の家に行ってきました。(私は主に運転手)

    家を建てたのも我が家より3年位後ですので、築12~3年という事になります。

    その家に入って少しびっくり。綺麗だし、、、

    私が知っている由美ちゃんは普通に趣味も持ち、そこそこお洒落でしたので服もそれなりに持っているイメージでした。

    それが、家はスッキリ。

    スッキリどころかほとんど物がない。

    ミニマリスト2

    ダイニングテーブルとリビングにテーブルと座布団はありましたが、その他は棚が一つと、かごが一つと、テレビがあり、それだけです。

    その棚にパソコンと充電器などがおいてあり、他は何もありませんでした。

    キッチンには備え付けのシステムキッチンの収納があり、見えている家電は、電子レンジと冷蔵庫のみ。

    ご主人と娘ちゃん2人との4人家族ですが、本当にそんな暮らしができるのだと感心してしまいました。

    あ、、それでもちゃんとお茶もお菓子も頂きました。

    叔母の価値観


    由美ちゃんの母、叔母が言うには、「由美は、ケチだから、何も買わない」と言っていました。

    ですが、しっかりしているのとケチは違います。

    毎年、家族旅行はあちこちに行っていて、海外旅行も私が知っている限りでも5~6回は行っています。

    親戚の訃報にも駆けつけて、慶弔関係のお包みも欠かしたことは無いと思います。

    叔母が、からかうように「由美、今日の夕ご飯は何?」と聞きました。

    すると、由美ちゃんは、「子持ちししゃもと味噌汁」と答えました。

    叔母は笑いながら、「それだけ?」と言います。

    由美ちゃんは「そうよ。漬物とかもあるし」とすまし顔でした。

    献立や品数は、お宅によって違うと思いますが、何が良くて何が悪いのかも結果論だと思います。

    一汁一菜(たまたまその日だけなのかも知れませんが)の由美ちゃんはスレンダーですが、食べる事が大好きな私と伯母はぽっちゃりさんで私の母は元ぽっちゃりさんです。由美ちゃんがうらやましい。(-_-;)

    他の部屋


    軽く他の部屋も見せてもらいました。

    間取りは4LDKで、寝室が3つ、和室が1つ、リビングダイニングキッチンの構成です。

    今は、和室に寝ているそうですが、そこにも家具は一切なく、子供部屋は見ませんでしたが、元寝室という部屋も何もありません。

    生活感の無い家ですが、惚れ惚れとしてしまいました。

    これ、以前の私だったら、「なにが楽しくて、こんなに何もない家に、、、」と思ったかも知れません。

    ミニマリストさんのブログなどを見るようになった今では「ステキ」と、ときめいてしまいました。

    叔母だけでなく私の母も、「お金は持っているだろうに、どうしてあんなに節約ばかりしているのかしら」と不思議がっていました。

    由美ちゃんは、結婚するまでに900万円近く貯金があったそうです。

    「メリハリがある使い方なのよ」と言っても母の世代の人にはあまり理解できないようです。

    本人はミニマリストを意識していない


    私が、「由美ちゃんは、ミニマリストなのねえ」と言うと、「何それ」とミニマリストという言葉も知りませんでした。

    ミニマリスト

    ミニマリストを意識せずにそこまでの暮らしができるなんてすごい。

    由美ちゃんは、もともと、一人っ子で、物欲は極めて少ないようでした。

    兄弟で争う事が無いからなのでしょうか?

    食べる事にも、ほとんど執着がなく、子供の頃、うちで一緒に遊んでいる時におやつを出しても、「お腹すいてないから要らない」と言うような子供でした。(我が家は3姉妹、どんなにお腹一杯でも、おやつは食べます)

    でも旅行は、独身の頃から好きでよくあちこちに行っていたので、由美ちゃんの価値観は、物より事の方が大切なようです。

    独身の頃の部屋は、普通の部屋でした。

    確かぬいぐるみとかもありましたし、、、

    今は、玄関に寄せ植えの鉢がある位で、特別な飾りもありません。

    理由は、掃除が面倒だからだそうです。


    その通り、、、と思いながらも、由美ちゃんのお宅にときめきながらも、私には、我が家ではこんな生活は無理だなあと思ったのも事実です。

    私は私と家族の丁度いいを探していこうと思います。



    自分がミニマリストになれる気はしませんが、とても憧れています。
      ↓
    にほんブログ村テーマ
    ミニマリストになりたい



    今日のおすすめトラコミュはこちらです
      ↓  ↓
    にほんブログ村テーマ
    コンパクトライフ


    にほんブログ村テーマ
    断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


    にほんブログ村テーマ
    もっと心地いい暮らしがしたい!


    にほんブログ村テーマ
    すっきり暮らす



    参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
      ↓  ↓
    ブログ村 断捨離   ブログ村 片付け・収納(個人)   ブログ村 50代の生き方

シンプル愛

生まれた年:1966年
職業:主婦
家族構成:姑、夫、娘2人
性格:グータラ
特技:押し込み収納

片付けが下手で納戸や引き出しに物を隠す収納が得意です。物は捨てられないほうです。スッキリシンプルに暮らしたいと思いつつ物が増え続け、今度こそはとブログを立ち上げました。

良かったら、また遊びに来てくださいね


[Ctrl]と[D]を同時に押すと
ブックマークに登録できます


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 

最新コメント

最近の投稿

ブロとも申請フォーム

プライバシーポリシー
免責事項・著作権について