スポンサーリンク

  • 私は、雑誌の収納特集やインテリアの本を見ては、こんなの素敵、あんな風にしたいと思っていました。タンスの中も丸めて収納したり、取り出しやすい収納を30年以上前から、いち早く取り入れていたものの、いつも間にかぐちゃぐちゃになっていました。... 続きを読む

    出し入れしやすいはずの美しい収納なのにすぐにぐちゃぐちゃに


    思い返せば、高校生くらいの頃から、雑誌の可愛いい部屋だとかインテリアの記事は大好きでした。

    服を丸めて、何がどこにあるのか、すぐにわかるようにする収納を見た時は、すぐにまねをしました。なんて画期的で、きれいな収納の仕方だろうと感心しました。

    下着はタンスを仕切る収納グッズを買い、丸めて入れていました。そのころから、かごや収納グッズを買う事が多かったと思います。

    しかし、現実は、いつの間にかぐちゃぐちゃになっていました。

    物が多すぎたのです。

    美しい収納


    収納とは物を隠す場所?


    それでも素敵収納や素敵インテリアに憧れるので、タンスや押入れに不要なものを押し込んで、見えるところだけきれいにしています。

    私にとって、収納場所とは、物を隠すための場所になっていました。

    それは、結婚しても変わらず、家を建て替えても変わっていません。

    今は、クローゼット納戸に普段使わないものを押し込んでいます。

    本当にきれいに収納したい


    押し込み収納ではなく、使いやすい収納をしたい。このままではいけない。というのは、いつも頭の片隅にありましたが、面倒くさいという気持ちが強くて、なかなか取り掛かれていませんでした。

    いよいよ納戸は足の踏み場がなくなってきました。取り出したいものが簡単に取り出せないようになってきました。

    引き出しは開閉が困難になってきました。

    タンスは扉が閉まりづらくなってきました。

    いたるところが物であふれています。

    本当にきれいにしたいと思いました。使いやすくしたい、色々なものを探さなくていいようにしたい、とも思いました。

    美しい収納をする前にするべきこと


    使いやすい収納とは、見た目が美しいのではなく、取り出したいものが探さずにすぐに取り出せることだと今更ながら気付きました。

    まだまだ物が多すぎて、増えすぎた物を減らす事が先だと思いました。

    我が家には、素敵収納はまだ早いのです。

    何度も収納グッズを買いに走りたくなるのを我慢しています。それがおそらくものを増やす原因の一つになると思えるからです。家にあるもので代用できないか考えています。

    しばらくは、物を減らすことに専念しようと思います。断捨離が本当に進んで数量的に自分で管理できてきてから、美しい収納、素敵収納へシフトしようと思っています。

    楽しみは後に取っておくほうが、モチベーションも継続できるのではないかと思います。その間にお金もためないといけないですしね。(素敵収納グッズは、お高いですから)

    ブログタイトルも改めます。次回より『一念発起の断捨離』です。

    よろしければ、また遊びに来てください。
  • 片付けられない女の私は、毎日大量に送られてくるダイレクトメール等は油断しているとすぐに溜まってしまいます。まとめ買いした日用品も、邪魔にならないところへちょっと置きしているとそれが次第に溜まっていき、買っていたことさえ忘れてしまうというような事になっていました。... 続きを読む

    片付けるという大仕事


    片付けられない人の特徴は、後回しにするところです。

    後で片付けよう」と思っても、ちゃんと後で片付ければ溜まらないのに、片付けられない人は、後でも片付けません。

    先延ばしにすればするほど後でしなければいけないことが増えてしまいます。

    ただでさえ、面倒くさい事が嫌いなのに、溜まったものを片付けるという事は、一大決心をしなければならないくらい大変な事になって、ちょっとした大仕事になってしまいます。

    そうなると、片付けるという事を考えただけで、面倒くさくなってしまうのです。

    私がそうです。

    その時に片付ければ溜まらないのですが、いつも後でしようと思ってしまいます。そのうちに物が溜まっていき、片付けないといけないと思えば思うほど、面倒くさくなり、更に後回しになるのです。

    置く前に片付ける


    郵便受けから郵便を取ったら、置く前にいる要らないを判断し、要らない物はその場でゴミ箱へ、必要なものは所定の場所へ持って行き家族の物は、それぞれ置き場所を決めて振り分けます。

    我が家は、子供たちの物は子供の机の上に、旦那さんと私の物は、トレーに入れ、一応旦那さんに確認してその日のうちに捨てる事にしました。

    それでも、じっくりと読まないといけない書類などは、まだまだ後でゆっくり見ようと思って後回しにしてしまうので、気を付けないといけませんが。(何かいい方法を模索中)

    買い物したものは、すぐに所定の場所に振り分けるようになりました。帰ってきた流れで片付ければ物は溜まっていきません。

    後で、わざわざもう一仕事する必要はなくなります。

    買い物


    習慣にする


    こんな普通の当たり前の事が、片付けられない人にはなかなかできません。

    では、どうすればできるようになるのか。

    それは、習慣にするしかありません。習慣になれば、苦になりません。あるべきところに置くのは、当たり前のことですから。

    そして、物を置こうとするところには、物が溢れていてはいけません。物を片付けることの障害になります。

    置けないから別のところへ置く → 結果、片付かない になってしまわないようにしないといけません。

    しっかり、この習慣を身に着けたいと思っています。
  • 先日、キッチンボードの断捨離をしました。結構スムーズに断捨離できたので、気をよくして今日はその隣の扉をちょちょいのちょいと断捨離進めるつもりでした。すると出たんです。もったいないお化けが。... 続きを読む

    今は家で料理を作る事は少なくなった


    今は、あまり家で料理を作らなくなったのは、親戚の人が集まるときのお話しです。

    我が家は、本家なので来客が多い方です。お盆、お正月、法事などなど結構親戚の人の集まり事が多いのですが、最近は、家で料理を作らず、仕出しの鉢盛などを取ることが多くなりました。

    それでも、揚げ物などをすることもありますので、大皿を使うこともありますが、家族で使っている一回り小さい大皿を何枚か使用すれば代用できると思いました。

    この大皿が結構邪魔だと感じていたので、今回の断捨離のときに思い切って捨てようと思いました。

    いつか使うかも、が沢山ありました


    この棚の一番下には、いつか使うかもと取っておいた、空きビンや空容器も沢山入れていました。

    こちらが断捨離前の画像です。 我が家の食器はこれだけでもほんの一部です。
    キッチンボード右下ビフォー

    一番下はほぼガラクタ?になっています。

    要らない物をテーブルへ。  今回の断捨離品です。
    断捨離キッチン

    この作業の時に思ってしまったのです。

    もったいないお化けが出ました


    大皿は重いです。『こういうお皿自分では買わないな』『これは、頂き物だし、買えば1万円くらいはするよね』などと余計なことを考えながら、テーブルへのせました。

    『うーん、これとこれとあれは処分するの今度にしようかな。もったいないし』

    そうなんです。
    今まで出ていなかった、もったいないお化けが、簡単に断捨離できると思っていたキッチンから出てしまいました。

    これは、私が自分で決めたルールのもったいないと言わないに違反してしまいます。

    自分で決めたルールはこちら→断捨離のルールを決める

    ルール違反なので思い切って断捨離します。

    断捨離後のアフター画像はこちら
    キッチン

    かなりスッキリと取り出しやすくなりました。

    必要かどうかを重視する


    全てがそうだとは言えませんが、今回は高いからという理由で断捨離する手が止まろうとしました。

    必要かどうかは後回しになっていました。

    これからも、きっと同じような事が出てくると思います。そういう時は、もう一度どうして断捨離をしたいと思ったのかを考えたいと思います。

    私は必要なものを残して要らない物を断ち、スッキリと暮らしたいと思ったから断捨離を始めたのですから。
  • 熊本地震があった時、オール電化の我が家は、停電に備えてカセットコンロとガスボンベを新しく購入しました。購入はしたもののそのまま、納戸にポイと置いていたので、古い物と交換するついでに周辺のものを断捨離しました。キッチン用品はめったに使用していないものが一杯です。... 続きを読む

    15年一度も使っていない物たち


    家を建て替えて15年になります。

    当時は、かなり要らない物は、断捨離したつもりでした。

    家を建て替えた時、ものが捨てられなくてもめたお話は、こちら→物を置く場所の価格、物のための家賃 断捨離の決意

    いる物だけを持ってきたつもりだったのに、15年間一度も使わなかったものもありました。

    しゃぶしゃぶ鍋とガスコンロ用焼肉の鉄板です。しゃぶしゃぶは、普通の鍋でしていますし、室内で焼肉はしなくなりました。(掃除が大変なので)

    なのでこれらは、迷わず、断捨離

    キッチンの断捨離は思った以上にやりやすいという記事はこちら→システムキッチンの引き出しの断捨離 5分でできたけど15分断捨離

    システムキッチンの魚焼きグリルの使用を惜しむ?


    匂いが付く、掃除が大変という理由で、システムキッチンの魚焼きグリルの使用をせず、別に魚焼き用のロースターを買って、使用していました。

    掃除が簡単でお手入れしやすいと思ってずっと使用してきましたが、実は洗うのは結構大変でした。

    家の家電製品が、色々と寿命を迎えてきており、IHクッキングヒーターも電化製品なので、もしかもしかしたら寿命を迎えるかも知れないと思い、半年位前からグリルを使いだしました。

    すると、何という事でしょう。
    こちらの方が、お手入れしやすいし、匂いもつかない。初めからこちらを使用すれば良かったと思いました。

    こちらの断捨離です。
    キッチンボード 下 外観

    今回は左側、中は物が一杯で奥の物が取り出しにくい。
    キッチンボード下左

    断捨離後のアフター画像はこちら。
    キッチンボード 左下 アフター

    こちらが今回の断捨離品です
    キッチンボード 左下 断捨離

    カセットコンロはガスボンベを入れるところの蓋がなくなっていました。ボロボロだったので悔いはありません。
    捨てたものが、大物ばかりでしたので、かなりスッキリとしました。

    この後の作業が嫌い


    ここまでは15分かかりません。
    いつも思うのですが、この後の作業の方が、大変です。

    空箱は細かくちぎって燃えるゴミへ
    空箱

    不燃物の袋2個分はリサイクルゴミの集積場へ
    不燃物キッチン

    義母のいない時にこっそりと持って行かなければいけないので、これも納戸へちょっと置きします。
    できたら明日、捨てに行きたいと思っています。
  • 私の伯母は、潔癖症で、家に遊びに行くと、庭は草一本生えてないような手入れされた庭でしたし、家の中は、ホコリ一つない掃除の行き届いた片付いた部屋でした。... 続きを読む

    「靴下を脱いであがりなさい」


    子供の頃は、従兄はおとなしめ(伯母の息子)で、私たち三姉妹のほうがお転婆だったので(特に姉が)時には泣かしてしまうこともありましたが、よく一緒に遊んでいました。

    伯母の家はいつもピカピカに掃除をしてあって、廊下や広縁などはワックスがよくかかっており、私たちは、いつもスケートができると滑って遊んでいました。

    伯母からは、「汚い靴下は脱いであがりなさい」とよく注意されていましたので、替えの靴下を持参していました。

    庭の半分は家庭菜園で、色々な野菜が作ってありました。

    最近何かおかしい


    母が、伯母さんが最近おかしいと言い出したのは、半年位前の事です。

    伯母は母の姉であり、母と伯母の家は車で10分くらいのところなので、よくお互い行き来していました。

    母が言うには、いつもたくさん作っていた野菜を作らなくなっているというのです。作らないから沢山買い込んで、腐らせていると言っていました。

    それが次第にひどくなり、腐らせているのに、また買ってくる。一人暮らしなのに毎日色々な食品を買いに行っているようでした。

    認知症 小


    今は、他県に住んでいる従兄に連絡し、病院で検査をしてもらったら、認知症という事でした。

    まだ、初期だったので、ひどくならないように、ある程度は薬で進行を抑えることが出来るそうです。

    久しぶりの伯母の家は散らかっていた


    先日、実家へ用事で行った際、伯母の話になったので、様子を見に行きました。

    母も2か月前までちょくちょく様子を見に行っていたのですが、今は膝を痛めて、手術をしてあまり歩けません。

    私が、母の身の回りの世話をしに行っているくらいなので、最近はしばらく行っていないとの事でした。(電話は時々していますし、もう一人の叔母が時々様子を見に行っているようです)

    伯母の家へ着くと、家の周りはきれいでした。草もほとんど生えていませんでした。

    ところが、家の中へ入ると、色んなものが山積みになっていて、これがあの潔癖症の叔母の家なのかというくらいに散らかっていました。

    台所には、買い物袋に入ったままの野菜がいくつもありました。
    洗濯してたたんでいない洋服が山積みになっていました。
    テーブルの上には書類が一杯(郵便など)

    野菜は作っていないようだったのに草が生えていないのは、草取りしていると、近所の人が通るときに話しかけてくれるので、いつも家の周りの草取りや掃除をしているのだと、母が言っていました。

    伯母と母と私で今までと変わりないような会話をして、軽く片付けて帰りました。

    伯母は、「忙しかったから、後で片付けようと思っていた」と言っていました。まるで、わたしの言い訳と同じです。

    すぐに忘れものに気づいて伯母の家に取りに戻ったら、もう私と話していたことを忘れていました。私たち姉妹の区別が付かないようで、「さっき来てたのは〇〇ちゃんだった?」と聞かれました。〇〇ちゃんとは、妹の事です。

    認知症で片付けられなくなる


    我が家の裏のお宅のおばさんもいつも野菜を作っていらっしゃいました。

    認知症の初期症状だったのか、最近畑が荒れているなと思っていたら、遠方にいらっしゃる娘さんが、施設に入る事になりましたと挨拶に来られました。認知症だそうです。

    この方も潔癖症だったのに、施設に入る前は、家の中はすごいことになっていたという噂でした。

    認知症の初期症状で、やる気がおきなくなり、だんだん片付けられなくなっていくことは珍しい事ではないようです。

    普段、きちんとしている方が、片付けられなくなっていくのは、認知症の初期症状かも知れないですね。

    長生きできたとしても、自分が自分でなくなっていく。
    もともと私のような、面倒くさがりの片付けられない女はどうなるのだろう、と少し、怖くなってしまいました。
  • 今日は、下の娘と二人ご飯です。旦那さんと上の娘は、飲み会(食事会)です。ヤッターッ、楽できる。どんな手抜き料理にしようかなと考えて、娘も大好きなシシリアンライスにしようと思います。... 続きを読む

    高校生のころ従妹が連れて行ってくれた喫茶店で出会いました


    30年と少し前、母の実家(おばあちゃん)の家へ遊びに行ったとき、佐賀市に住む従妹が、ご飯を食べようと喫茶店(今はほとんど見なくなりました)へ連れて行ってくれました。

    その時に、「これ美味しいよ」とおすすめされたものがこのシシリアンライスです。

    すごく美味しかったので、高校生のほとんど料理をしたことがない私でも、簡単に作れると思って、何度も自分で作っていました。

    簡単に言うと、お肉を焼肉のたれで炒め、ご飯にのせて、上にサラダをのせたワンプレートご飯です。

    もともとは、レストランのまかないだったものが、広まったそうです。

    作り方


    材料は

     1. 牛肉
     2. 玉ねぎ(なくても可)
     3. 焼肉のたれ
     4. 野菜サラダの材料  今回はレタス、きゅうり、トマト(冷蔵庫にあったもの)です
     5. マヨネーズ
     6. ドレッシング

    作り方

     1. 牛肉をお好みの大きさに切る。(私は1.5センチから2センチくらい)
     2. 玉ねぎをお好みの大きさに切る(今回は1センチ×2センチの短冊切り)なくても可
     3. フライパンで牛肉と玉ねぎを焼肉のたれで炒める
     4. ご飯を皿によそう
     5. 炒めたお肉を乗せる
     6. 上に野菜を乗せる(サラダを乗せる)
     7. ドレッシングをかけ、マヨネーズをかける

    ご飯

    お肉をのせて

    シシリアンライス

    シシリアンライス出来上がり

    出来上がり。

    私はお肉と玉ねぎを焼肉のたれで炒めて冷凍していました。冷凍庫の断捨離をかねて在庫処分です。

    冷凍庫の断捨離の記事はこちら→冷蔵庫2台あるんです。それでも中はパンパンです。

    冷凍庫の在庫処分のお話はこちら→冷凍庫の断捨離でただいま食費が激減中

    佐賀市のB級ご当地グルメ


    何度かテレビでも紹介されていました。
    秘密のケンミンSHOWなど

    お好みでアレンジして作ってみてください。
  • 以前、何かの本で、トイレをきれいに掃除をして、換気が悪いところにはマイナスイオンの空気清浄器を置くと金運が良くなるというのを見て、トイレに空気清浄器を置いていました。... 続きを読む

    トイレにマイナスイオンは効果があるのか?


    キチンと検証したわけではありませんが、結論から言うと効果があると思います。

    我が家のトイレは一応窓があり、換気が悪いとは言えませんが、プラズマクラスターを置いていました。思い返せばその頃は、金運が良かったような(過去形です)気がします。

    私は、営業の仕事をしていたので、その頃は成績もそれなりに良かったと思います。成績は直接お給料に反映されます。
    それに何かと、臨時収入が入っていました。

    中の交換ユニット?が寿命で交換しないといけなくなって、取り寄せに何日か掛かると言われました。お店まで取りに行くのが面倒だったので、そのうちにインターネットで注文しようと思いながら、そのままになっていました。今は置いていません。

    それから、すでに十年位経っていますが、今は金運は悪いです。私も色々あって、今は仕事していませんが、もう少ししたら、また働かないとかなりきびしいと思っています。なにしろ大学生2人もいますから。

    今思い返せば、それなりに金運が良かったのは、トイレの神様のおかげ?だったのかもしれないと思うのです。

    トイレをピカピカに掃除してみる


    今できることをしてみようと思い、いつも以上にトイレをピカピカに掃除してみました。

    いつも洗剤とブラシで洗っていましたが、よく覗いてみると水が出てくるフチのところが、黒く(カビ?)なっていました。水垢と混じってこすっても取れない。

    今回は、塩素系洗剤に頼ることにしました。

    インターネットで何かいい洗剤を買おうかと思いましたが、今は、断捨離中ということもあり、何より思い立ったらすぐに掃除をしたかったので、家にあるドメストを使いました。

    一度目はそのままフチにかけて、15分くらいで流す。つぎにトイレットペーパーを回して敷き詰めその上からドメストをかけて、15分くらいして流す。
    結構きれいになりましたが、本当にきれいになるまでにはもう数回繰り返すことになりそうです。

    (写真取るの忘れていました)

    念のために、危険なので酸性洗剤は1週間以上は使いません。クエン酸もです。

    塩素系洗剤は環境にも優しくないらしいのでできるだけ使わないようにしていきたいと思っているのですが、すぐに黒ずみがきれいになるので、カビが発生した時はお世話になってしまいます。

    カビを発生させないような生活をしないといけませんね。

    便器もおそうじシートで隅々まで拭きあげます。タンクの裏や、ホースや壁はハンディワイパーのロングで掃除。

    私は便利なものは使う主義です。以前は、はいつくばってトイレの裏を掃除していましたが、ハンディワイパーを使うようになって、細かいところもこまめに掃除するようになりました。

    トイレ 全体

    タンクの裏や
    トイレタンク 1

    ホースの部分とその奥
    トイレ ホース

    こんなところは手が届かなかったりするので、あまり掃除していませんでした。
    グータラさんですから、手の届く範囲しか拭きません。隅々はたまに拭く程度でした。

    お掃除だけで金運アップ?


    マイナスイオンの空気清浄機はもうしばらく購入を見合わせようと思います。

    いずれ欲しいとは思っていますが、窓があるので換気はできますし、今はできるだけ買わない暮らしを実践しているので、お掃除を頑張って、トイレの神様に来ていただきたいなと思っています。
  • 凄いんです。感動しました。毎日洋服を1つ以上断捨離しているのですが、今まではゴミ袋に入れて可燃物のゴミの日に捨てていました。すると、ゴミ袋を沢山買わなければいけなくなって、本当に無駄な出費だと痛感していました。... 続きを読む

    毎日服を断捨離


    毎日、1着ずつだったら私にも服の断捨離ができるのでは?と思い、要らないと思う服を日々、袋の中に入れています。

    まだ、取り掛かって日も浅いので、今のところそれほど迷うことなく袋へ入れる事ができているのですが、一日2~3着断捨離することもあり、結構な量になりました。

    服の断捨離の記事はこちら→減らしたいけど増やしたい。 服の断捨離方法 序章

    20着弱溜まったので、袋ごと地区指定のゴミ袋へ入れようして、ふと『ゴミ袋もったいないなぁ。』と思いました。これまで何袋も娘の服などを捨てています。
    その時の記事はこちら→断捨離のための大人買い 買ってもすぐなくなるものとは?

    初めてのリサイクルショップ


    リサイクルショップに持って行けばほとんどお金にならなくても、タダで引き取ってもらえるのではないかと思いました。

    軽く選別をして、シミやほころびのないものを簡単に畳みました。こちらです。

    断捨離した服

    今回は16着これを紙袋にいれて、リサイクルショップへ

    断捨離した服 紙袋

    インターネットで買い取りの例を見てみると、1着1円だとか10円だとかで買い取られて二度と行かないなどというのを見て、タダで引き取ってもらうつもりで行こうと思いました。

    これらの服は、ブランド物でもないような10年~20年ほど前のものがほとんどです。引き取ってもらえないものもあるかもしれないと思いながら、恐る恐る持ち込んでみました。

    本当にお金になった


    すると、
    なんとゴミになるはずだったものが、1260円になりました。思わず、何かブランドものが入っていたのかと思いまいしたが、真っ先に要らないと思って出たものです。おそらくないと思います。

    凄い。
    今まで、リサイクルショップに持って行くのが面倒だと1度も利用したことがなかったのでびっくりでした。これだったら、ますます服の断捨離に弾みが付きそうです。

    ヤフオクなどは面倒くさがりの私には、ハードルが高いので、これからはリサイクルショップのお世話になりそうです。


    このお金は、熊本地震へ寄付することにしました。もう少しだけ気持ちも足して。
    どうか、どうか被災された方が、少しでも早く日常を取り戻す事が出来ますように、心から願っています。

シンプル愛

生まれた年:1966年
職業:主婦
家族構成:姑、夫、娘2人
性格:グータラ
特技:押し込み収納

片付けが下手で納戸や引き出しに物を隠す収納が得意です。物は捨てられないほうです。スッキリシンプルに暮らしたいと思いつつ物が増え続け、今度こそはとブログを立ち上げました。

良かったら、また遊びに来てくださいね


[Ctrl]と[D]を同時に押すと
ブックマークに登録できます


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 

最新コメント

最近の投稿

ブロとも申請フォーム

プライバシーポリシー
免責事項・著作権について