スポンサーリンク

片付けられない女は、在庫を持たないと不安なのです。

私は何でも在庫を多めに持ってしまいます。切らしてしまうかも知れないという不安感から、ついつい何個も在庫を持ってしまうのです。

いつから、沢山の在庫を持つようになったのか?少なくとも、結婚する前からだったのは間違いありません。

スポンサーリンク

今、思い返せば、この家に嫁ぐ時、私の持ち込むものを絞らないといけなかったので、今でいう断捨離をしました。

その時大量に、新品のストッキングや下着類などがでてきました。下着などはサイズが合わなくなったものも何点もあり、結構な値段だったのになあ、と思いながら、値札が付いたまま捨てたのを覚えています。

一事が万事この調子。自分なりにかなり断捨離したつもりで持って行った洋服を見て、旦那さんが、「イメルダ夫人みたい」と言いました。(元フィリピンの大統領夫人で大量に靴や服を所持していた事が話題になった)

当時は、お給料の大半を服や靴やバッグにつぎ込んでいました。

結婚後も在庫持ちは相変わらずで、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、洗剤や揚げ物用の油、その他もろもろ。紙オムツなどはサイズが合わなくなって、友人にあげたり。

私が住んでいるところは、都会ではありませんが、車で1~2分、つまり町内に24時間スーパーもあります。本当は、料理の途中で醤油がなくなってもすぐに買いにいけるのにです。

無ければ無いで何とかなるはずなのです。

私の断捨離の教科書である『必ずできる断捨離BASIC』監修・やましたひでこに、(関連記事はこちら→初めての断捨離の教科書です
断捨離の本

片付かない理由を現実逃避型、過去執着型、未来不安型に分けてありますが、私はどうやら未来不安型のところが大部分を占めているようです。

足りないのは、ものではなく、自分への信頼。  ふむふむその通り。

私はそそっかしく、忘れっぽいので、買い忘れないようにあらかじめ準備しておかないと不安なのです。それでも、結局買い忘れが出てきて、慌てて買いに走ることもよくある話なのですが。

一つ取り入れたら、一つ手放す。在庫管理にもいえる事です。断捨離して、物を減らそうと思った時にルールを決めました。その中の一つ在庫の数を決めるです。

その時の記事はこちら→断捨離のルールを決める

ほとんどのものは在庫は一つで十分。無くなったら買う。これが出来るようになるまでもう少し。

頑張ります。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

シンプル愛

生まれた年:1966年
職業:主婦
家族構成:姑、夫、娘2人
性格:グータラ
特技:押し込み収納

片付けが下手で納戸や引き出しに物を隠す収納が得意です。物は捨てられないほうです。スッキリシンプルに暮らしたいと思いつつ物が増え続け、今度こそはとブログを立ち上げました。

良かったら、また遊びに来てくださいね


[Ctrl]と[D]を同時に押すと
ブックマークに登録できます


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

最新コメント

最近の投稿

ブロとも申請フォーム

プライバシーポリシー
免責事項・著作権について