スポンサーリンク

優しいお姑さんが認知症になって急変。嫁の悪口を言いふらすようになった。

先日、友人のお母さんのお通夜に行ってきました。

今では、付き合いがない同級生もチラホラ来られていて、近況を話したりしていると、誰からともなく近くのファミレスでお茶でも、、という事になりました。

その中に毒舌ですが、とても明るく話上手な人が居ます。

私とは、中学1年生の頃に同じクラスで仲良かった、とても美人の同級生です。

スポンサーリンク

井戸端会議


突然の友人のお母さんの訃報に、隣県から駆け付けた人もいましたが、実家に泊るという事で、懐かしい顔ぶれ6人で話をすることになりました。

その話はこちら→友人のお母さんのお通夜へ。久しぶりの友人との再会は、悲しくて、懐かしくて、それでも嬉しくて。

「お通夜に来て、女子会になるとは思わなかったねえ」と一人が言い出すと、

「女子会?おばさんの井戸端会議だよ」

「わたし、暑くて暑くて、汗かいてた」

「えー。結構冷房が効いてたよ。わたし、冷え性で、手足は冷たいのよ」

「みんな、更年期真っ最中よねえ」

などとおばさんトークで盛り上がっていました。

そして、それぞれの近況報告。

どこに住んでいるの?

独身?バツ?

等々、突っ込んだ話も知り合いの同級生ならではです。

9106f23c7f2fcc73cd5c0c6f82bfc88f_s.jpg

そして、私の話。

早苗 「子供は?大学生?2人とも?うわー、めちゃめちゃお金かかるじゃない」

私 「身が細る思いよ」

早苗 「細ってないよ、、、」

などの話で笑い、

早苗 「えーっ。ずっと同居?あり得ない。このくそばばあとか思わないの?」と言われたので、

私 「うちは、お義母さんが出来た人だから、それなりにやっているよー」と言いました。

すると、、

早苗 「裕子の所のお姑さん。すごく優しいって言っていたけど、、ボケたとたんに、裕子の悪口を近所の人に言いふらすようになったってよー」

(裕子とは、全員知っている中学の同級生です。冗談を交えて面白おかしく話しているので、表現がきついところもあります)

「ご飯も食べさせてもらえないとか、お金が無くなったとか言っていたらしいよ」

「愛の所も、そろそろ、、、ふふふふっ」

表情豊かに面白く話すので、みんな、大笑い。

そんな話をしましたが、みんなその同級生が、とても人のいい陽気な性格だという事は知っているので、9割がたはブラックジョークで返します。(彼女も同居の経験ありです)

その裕子さんのお姑さんは、本当にとても人間が出来た方だったそうで、裕子さんの子供達にも金銭的にも色々援助してくれていたそうです。

ですが、だんだん言動がおかしくなってきて、「銀行でおろしてきたお金が無い。ここに置いていたのに」とか「ご飯を食べたすぐ後に、ご飯はまだ?」と聞かれるようになったらしいです。

それが、だんだんお金を取られたとか、ご飯を食べさせてもらえないとご近所の人に言うようになったらしいです。

それから、徘徊が始まり、、とかなり大変な思いをされていたようでした。

我が家の義母もまだしっかりはしていますが、年相応の物忘れは、年々激しくなっているのは感じています。

認知症の親の介護は、とても大変のようですが、我が家でもそう遠い将来ではないのかも知れません。我が家の義母は、悪口を言いふらすような事は、ないと思いたい。

ですが、、、それは人ごとではなく私なのかも?

「この前、近くのスーパーで会ったよねえ」と言われたのですが、私にはその記憶がなく「そうだった?ごめん。覚えていない」と答えました。

すると「お姉さんが東京に居るって言ってたじゃない」と言われて、何となく思い出しました。1~2年前に実家の近所のスーパーで会ったのでした。(汗)

863b29eb1328e6be5a670f4ea375c3a2_s.jpg

そして別の話をしていた時に、

私 「早苗は、うお座だったよね。3月生まれだから、まだ51歳には時間があるね」と言うと、

早苗 「愛もやばいよね。この前の事は覚えていないのに、誕生日とか昔の記憶はしっかりしているって。(笑)」

私 「この前って、1~2年も前じゃない(笑)」

直子 「あるある、昨日の事は思い出せないのに、どうでもいい昔の事は鮮明に覚えていたりするー」

早苗 「あー嫌だ、自分達が、健康の事や、物忘れの事ばかり話すようになるなんて思ってもいなかった。ついこの前までは、その服どこで買ったの?とかだったのに」

純 「もう少ししたら、あそこの老人ホームがいいらしいよって話すんじゃない?」

とまた大笑い。

とてもお通夜の帰りとは思えないような会話でした。

不謹慎かも知れませんが、久しぶりの再会は、まるで同窓会のようでした。


毒舌の同級生は、波乱万丈、、それなりの壮絶な人生を生きてきているようですが、いつも前向きで、苦労話も笑いに変える事が出来る人。

自分の人生もおもしろおかしく話していましたが本当に大変な時期は、鬱になったり、円形脱毛症になったりしたそうです。

重めの苦労話を笑いに変えられるってすごいなあとも思いました。

色々な事が、自分の中で消化?できているからなのでしょう。

アラフィフ同級生、人生いろいろのようです。

何となく力をもらいました。



子育てが一段落したら、すぐそこには介護も見えてきました。参考にさせて頂きたいトラコミュです。
  ↓
にほんブログ村テーマ
家族の介護・お世話



今日のおすすめトラコミュはこちらです
  ↓  ↓
にほんブログ村テーマ
こんな生き方があってもいいよね♪


にほんブログ村テーマ
同居


にほんブログ村テーマ
50代主婦日記


にほんブログ村テーマ
50代を考え暮らす




参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
  ↓  ↓
ブログ村 断捨離   

ブログ村 片付け・収納(個人)   

ブログ村 50代の生き方

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

シンプル愛

生まれた年:1966年
職業:主婦
家族構成:姑、夫、娘2人
性格:グータラ
特技:押し込み収納

片付けが下手で納戸や引き出しに物を隠す収納が得意です。物は捨てられないほうです。スッキリシンプルに暮らしたいと思いつつ物が増え続け、今度こそはとブログを立ち上げました。

良かったら、また遊びに来てくださいね


[Ctrl]と[D]を同時に押すと
ブックマークに登録できます


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

最新コメント

最近の投稿

ブロとも申請フォーム

プライバシーポリシー
免責事項・著作権について