スポンサーリンク

22年前のウエディングドレスを公開(笑)。思い出の品もただのゴミ、潔く断捨離。

ウォークインクローゼットの中に入れている婚礼ダンスの上を掃除しました。

家を建て替えて16年間一度も掃除をしたことがないところだったので、ものすごいホコリでした。

そのタンスの上に置いていたものに、思い出の品があります。

思い出の品といっても、忘れかけていた物です。

もちろん、今後使用することなどありません。

ホコリをかぶって眠っていたものは、ウエディングドレスです。

スポンサーリンク

ウエディングドレスの断捨離


思い出の品は、断捨離するのが難しいと言いますが、あのホコリを見た後では、それはただのゴミです。(タンスの上の惨状は、前日の記事をご覧さい)

タンスの上に置いていた物は、家を建て替えて家具を入れた時に、とりあえず上に置いておこうと思って、それ以来触っていなかったものです。

それは、スーツを持ち運ぶバッグやボストンバッグ、畳んだワイシャツを入れるケースなどでした。

それらは、あまりにもホコリがすごかったので、中身を出さずにゴミ袋へ入れました。

これはもう捨てるしかないとすぐに決断しました。

ですが1点だけは、恐る恐る、中身を確認した思い出の品があります。

その品物とは、、、ウエディングドレスです。


私が結婚するころは、ホテルウエディングが流行っていました。

結婚が決まる前は、密かにホテルウエディングに憧れていました。

ですが、我が義母が、ある結婚式場の互助会というものに入っていたために(それも数口ありました)そこで結婚式をあげなければならないという無言のプレッシャーがありました。

結婚前から、いろいろもめるのもいやだなあと思ったので、その古い歴史のある結婚式場で式と披露宴を行う事にしました。

ですが、その結婚式場には全く好きなドレスがありませんでした。そう、、、全く、、一つも

せめて、ウエディングドレスだけでも自分が好きなものを着たいと思い、貸衣装のお店を回って探しましたが、どれも結構いいお値段です。

偶然、あるお店を通りかかった時、夫が好みのドレスを見つけました。そのドレスは、私も好きなデザインだったので、中に入って見てみることにしました。

そして、お値段も他のドレスとそれほど変わらないようだったので、それに決めました。

すると、それはレンタルではなく、販売されていた物だったのです。

1度しか着ない物ですが、レンタルとお値段もそれほど変わらない物なので、思い出にもなるし、、、と購入を決めました。


それから娘が生まれ、『もしかしたら、娘が着たりすることもあるかも?そんな風になったら素敵だなあ』などとチラリと思って引っ越しの時も捨てずに取っていました。

ですが、月日は流れ、その存在さえ私の記憶から消えかかっていました。

それが20年と少し、一度も中を出すことのなかったこちらです。
ウエディングドレス
あり得ない程のホコリです。

このホコリを掃除機で吸い取り、ウエスにアルコールをスプレイして拭き、中身を取り出しました。
ウエディングドレス1

中は、意外ときれいです。

こんな感じ
ウエディングドレス2

オーガンジーのストールもついています。
ウエディングドレス3

カビなどもなく、思ったより綺麗にしていると思ったのもつかの間、部分的に変色していました。
ウエディングドレス4

近づくと
ウエディングドレス5

すると、娘が、「可愛い、着てみたい」と言います。

手入れをしていないので、「汚いよ」と言いましたが、「すぐにお風呂に入るから大丈夫」というので、着てみる事に。
ウエディングドレス6

驚くほどサイズはピッタリです。

娘 「友達に見せるから写真撮って」

私 「あ、、ママもブログにのせよう、、、横向いて」

娘 「私の結婚式で着たかったなあ」

私 「ちゃんと手入れしとけばよかったかもねえ」

娘 「ママ、これが着られる位、痩せていたの?」

私 「あなたも、中年になったら、ママみたいになるかもよ」

娘 「パパみたいに、それでもいいっていう人と結婚する」

私 「パパはそれでもいいって、いっさい言ってないよ。(笑)」

などと言いながら、私のウエディングドレスを娘が着るという願いはちょっとだけかなえられ、、、、(次女は入らないと思われます)

ウエディングドレスは即効、ごみ袋の中へ

娘は、即効お風呂へ

そして私も、掃除をして、お風呂へ入りました。

マスクをしていても鼻がムズムズしていました。


これは自分で購入したものなので、すんなりと捨てようと思う事が出来ましたが、親から買ってもらった、着物や嫁入り道具、子供たちへと買ってもらったひな人形や羽子板はなかなか簡単には決断できません。

私の決断の前に義母という大きな壁も、、、

何年も出していないので、これまた開けるのが怖いです。

そういう虫干しなどのお手入れができないのです。

それらは焦らず、残すのか、処分するのか、ゆっくり、気持ちと一緒に整理していこうと思っています。


物だけではなく、気持ちもスッキリと暮らしていきたい。そんな生き方のヒントがたくさんあります。
  ↓
にほんブログ村テーマ
すっきり暮らす



今日のおすすめトラコミュはこちらです
  ↓  ↓
にほんブログ村テーマ
断捨離できないもの、残したいもの


にほんブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村テーマ
捨てる。


にほんブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活




参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
  ↓  ↓
ブログ村 断捨離   

ブログ村 片付け・収納(個人)   

ブログ村 50代の生き方

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメント

みんく

シンプル愛さん、こんにちは。
いつも楽しく拝見しています♪

一瞬でもお嬢さんにドレスを着てもらえて良かったですね!

私はレンタルだったし、サイズも娘のほうが大きいので実現不可能です。
でも、娘が自分の記念の服を着てくれるなんて、想像しただけでワクワクします。

でも、お嬢さんとしては、本番のウェディングドレスは自分で選びたいかもしれませんね。

愛さんの、さらっと捨てる潔さにも感服です。
素敵なお話、ありがとうございました。

シンプル愛

Re: タイトルなし
みんくさま
コメントありがとうございます。
ウエディングドレスは、状態があまり良くなかったので、断捨離しようと決断が出来ました。
もし、綺麗だったら、まだ、取っていたかも知れません、、、(笑)

娘は、いざ結婚式となると、自分が選んだドレスがいいのでしょうが、見せたら、気に入っていたようです。(他のドレスをほとんど見た事がないからだと思います)
いつか娘が着てくれたらいいなあと少しだけ夢見ていましたが、写真にも撮れたし、また、ブログでも残せたので、私としては十分に満足です。

みどり子

同じです!
愛さん、こんにちは。

ウエディングドレスの話、あまりにも私と同じなので思わずコメント。

私もレンタルするのと同じくらいの値段なら・・・とドレスだけは買って、何十年もとっておいたのです。子どもたちが小学生の頃、ブカブカですけど何回かお姫様ごっこに使ったりして写真も残ってます。

自分のものはいつか娘が使ってくれたら・・・という気持ちは、ウエディングドレスに限らず、ありますよね。でもそれは母親の幻想かも。(^_^;と思ってもいろいろ捨てられないのですが。

ドレスだけは数年前思い切って捨てちゃいました。ヤフオク出品もも考えたのですが(演劇の衣装などの用途があるかな?などと思って)でも調べたら韓国製の新品ウエディングドレスがすごくお安く出ているのを見て、さっさとあきらめました。

娘2人は結婚しましたがドレスは当然レンタル。最初から後に残らないモノの方が気楽でいいということがわかりました。

お嬢さんのときは、きっと素敵なドレスが今から楽しみですね。

シンプル愛

Re: 同じです!
みどり子さま
コメントありがとうございます。
みどり子さんもウエディングドレスを購入されていらっしゃったのですね。(笑)
そうなんですよねえ。
レンタルと同じ位の値段だったんです。きっと素材などは違うのでしょうね。

今は、そんなお安いウエディングドレスもあるのですねえ。
でも、私も娘にはレンタルを進めると思います。
置く場所に困って、実家(我が家)に置いておくなんて言われるかもしれないと思うだけでうんざりです。( ;∀;)

非公開コメント

シンプル愛

生まれた年:1966年
職業:主婦
家族構成:姑、夫、娘2人
性格:グータラ
特技:押し込み収納

片付けが下手で納戸や引き出しに物を隠す収納が得意です。物は捨てられないほうです。スッキリシンプルに暮らしたいと思いつつ物が増え続け、今度こそはとブログを立ち上げました。

良かったら、また遊びに来てくださいね


[Ctrl]と[D]を同時に押すと
ブックマークに登録できます


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 

最新コメント

最近の投稿

ブロとも申請フォーム

プライバシーポリシー
免責事項・著作権について