ホーム生き方 ≫ 「やり直しなんて何歳からでもできるのよ」会うとパワーをもらえる人。

「やり直しなんて何歳からでもできるのよ」会うとパワーをもらえる人。


海外に移住している友人が、夏休みで帰国しています。

その友人は離婚をし、女手一つでの子育ても終え、今は自由気ままに生きているという感じです。

元々、とてもエネルギーの強い人ですが、どうしてそんな風に生きられるのだろうかと思う事も多いのです。

ですが、彼女はいつでも前向きで、一生懸命です。

スポンサーリンク

旅をするような暮らしではなく


先日その友人と会ってきました。

その友人は、今は東南アジアに住んでいますが、そろそろ、別の国へ移ろうかなと言います。

友人の記事です→究極の断捨離?友人が50歳目前にして東南アジアへ単身移住した理由。

友人は、全く知り合いもいない国に住み、ツテも無い、唯一日本人スタッフが居るところで働きながら、次第にそのお店を任されるようになり、自らも開業をするまでになっていました。

彼女は、物怖じしない性格で、若い頃にあるフリーペパーの営業をしていた時に、大企業の広告の契約を取ってきたことがありました。

私のような小心者だと、面識もない大企業に、名もないフリーペーパーの一営業が相手にさせるわけがないと思い、始めからあきらめると思うのですが、その友人は、あの手この手でツテを作り、小さなツテから何とかアポイントを取り、、、という風にしてとってきた契約で周りをビックリさせたことがありました。

海外でも短期間で、お店を任されるまでになったと聞いても、納得してしまいます。

「せっかく、軌道に乗ってきたのにもったいない」と私は言いました。

ですが、「住んでみてわかる事があるのよ。今度はアメリカかヨーロッパに行こうかしら」というのです。

今の国に不満があるというわけではなく、より好きな国へ移りたいというのが本心?のようです。

たよりの綱は、携帯のみ。

周りに知り合いも居なければ、どこかで野垂れ死にしても、もしかしたら、誰も気づかないかも知れません。

notarejinu.jpg

そんな風に問うと、「その時はその時よ」だそうです。

強すぎる。

「外に(海外)にいると今まで悩んでいたことが、本当に小さなことだと感じる事が出来る」と言います。

旅をするように暮らすという方がいらっしゃるようですが、まさに旅をしながら暮らしています。

50歳です。

その友人と話していると、自分の悩んでいることが小さく思えてきて、気が楽になるのです。

友人は、時々輸出入のような事もしています。(お小遣い程度だそうです)

国をかわったら、しばらくは食べていくために、今度はそちらを勉強してみようかなと言っていました。

そして、「もし、その時は愛も手伝ってね」と冗談交じりのような発言も、、、

私が、「わたし、何もできないんだけど」と言うと、

その友人は「今の状況に満足していないのだったら、何か違う事をしてみるっていうのもいいんじゃない?人生何歳からだってやり直しはできるのよ」と言いました。

会えば元気をもらえる友人です。

夢物語で終わるかも知れませんが、私も何か始めてみたいと思ったのでした。

(と言っても、わたくし、とてもお尻が重いのですが、、、)


何かを始めたくなるトラコミュです。
  ↓
にほんブログ村テーマ
起業、創業、開業、独立



今日のおすすめトラコミュはこちらです
  ↓  ↓
にほんブログ村テーマ
50代を考え暮らす


にほんブログ村テーマ
素敵な大人のシンプルライフ


にほんブログ村テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


にほんブログ村テーマ
独学で目指せ合格!


にほんブログ村テーマ
暮らしを楽しむ



参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示