スポンサーリンク

陣痛で病院から「来て」と電話した私に夫が「えーっ今から?」と言った言葉はいまだに忘れません。

先日、知人の娘さんが出産をされたという話を聞きました。

娘さんと同様なつわりが娘さんの旦那さんにもあって、出産と同時にスッキリとおさまったという事でした。

私は、今時の旦那さんは、何と優しいことかと思ったのでした。

だって、我が夫は、、、

スポンサーリンク

夫が言っていた言葉


私が結婚前から新婚当初、約20年前に、夫が言っていた言葉がいくつかあります。

結婚する前は、それなりに恋愛結婚でしたので、「大切にする」などの一般的な言葉からいろいろな優しい言葉をもらったものですが、その中でも、、、

「妊婦さんとか見たら、危ないから何もしなくていいのにって思う」とか、

「妊婦さんが買い物をしていたら、旦那が行けよって思う」などと言っていましたっけ、、、夫は子供のように純粋?なところがあり、確かにその時はそんな風に思っていたのでしょう。

335236.png

その後、結婚して妊娠しました。

残念ながら?、私は、それ程お腹が大きくならなくて、動けないという事は無く、いつもと変わらないような家事をすることが出来ていましたし、つわりも、本当に吐くことは数回で、気分はずっと悪いのですが、空腹になると余計に気分が悪くなるので、常にちょこちょこ食べるという、、、守ってあげたくなるような雰囲気ではなかったと思います。

そして、夫は甘やかされて育ったおぼっちゃま。

当時、普通に同居をしていたのですが、食事の時にテーブルに着き、夫は自分の後にある調味料も「醤油は?」などと言います。自分で取ろうともしません。

例えお腹が大きくても、姑に動いてもらうわけにはいかないと(当時はいいお嫁さんにならないといけないと思っていた)私が、動いて取っていました。

『あれ?妊婦さんを見たら、何もしなくてもいいって思うのではなかったの?』

細かい諸々もありますが、、、

極めつけは、、

里帰り出産


出産予定日が近づいてきたので、私は実家へ帰り、里帰り出産をすることにしました。

そして、予定日丁度に陣痛が始まり、5分置きになったので、両親と病院へ向かいました。夜の8時を少し過ぎた位でした。

その病院は、実家からは車で30分ですが、我が家(夫の居る家)からは車で10分少々で行ける距離です。

病院へ行く前に夫に電話をしました。

この時には姑が出て、陣痛中なのに話が長く、イライラしながらもやっと夫に取り次いでもらい、「陣痛きたから、今から病院へ行く。付いたら電話する」と言いました。

そして、病院へついて、診てもらい、「初産だし、子宮口がまだまだ開いていないから、時間がかかるけど、夜だから、一旦帰ってまた出てくるのも大変だし、、このまま入院しましょう」と言われました。

妊婦

その頃には、9時30分位になっていたと思います。

父親は帰り、母親は残りました。

そして、一旦夫へ電話をしました。

「まだ、すぐには生まれないって言われたけど、今から来れない?」と言う私に

「えーっ。今から?お酒飲んでるし、、、」と言う夫。

内心、「普通、出産予定日にお酒飲む?」とか「タクシー使えばいいじゃない、あなたの子供が生まれようとしているのよ」とか「母は付き添ってくれているのに」とか、、、モヤモヤとした感情が湧いて出てきましたが、夫には言いませんでした。

その日は一向に産まれる気配がないまま、陣痛だけは続き、朝になろうとしていました。

陣痛が来るたびに、腰をさすってくれていた母に、「仕事があるから帰って」と言いました。

実家は自営業で、母がいないと始まらないという事を知っていたので、なかなか帰ろうとしない母に、「旦那さんに来てもらうから」と言って帰ってもらいました。

いわゆる微弱陣痛だったので、その日のお昼の3時くらいに「なかなか勢いもつかないし、破水させましょう」と言われて、破水してからは、すぐに1~2分間隔の強い陣痛になりました。

その時は、誰もそばに居なかったからか、看護師さんが「ご主人に電話しましょうか?」と言ってくださりましたが「自分でします」と夫の会社へ電話しました。

その電話でも特に心配している様子も動揺している様子も感じませんでした。むしろ、「今仕事中なんだけど」というような言い方。

その後、夫が病院へ来ましたが、それから6時間、体はいきみたいのに、なかなか子宮口が開かないので我慢して我慢しての出産でした。

5分事の陣痛から約24時間以上かかりましたが、無事に出産が終了。

今思い返しても、かなり苦しむ私の姿を見せる事が出来て良かったと思っています。生まれた頃には、夫もぐったりだったと思います。

a1640_000375.jpg

夫が、実家にも連絡をしてくれていたようで、両親が来てくれていました。


そして、、、夫はこの後、しっかり、これ幸いと出産休暇を2日とったんです。

じっとしていることが苦手な夫は、病院には2日とも15分ほどしかいませんでしたけど。(代わりに内孫が可愛くて仕方がない義母が数時間居ました)

正直、何だこいつって思いましたよ。(♯`∧´)

出産後、このことを自営業の友人に話したら、自分は、最初から最後まで一人で病院へ行き、一人で出産、その後しばらくは誰も来なかったそうで、、、大したことではないと言われました。(笑)

夫は覚えていない


知人の娘さんの出産の時の話を私と一緒に聞いていた夫が、

「娘さんの出産んの時って、ものすごく心配じゃないですか?娘が出産する時って、俺だったら、気が気でなくって、俺が具合が悪くなりそう」って言ったんです。

あなたに限って、それは絶対ありませんからー

私が娘を出産した時の事を話したら、「えーっ。そうだったっけ?俺、女の人って大変だなあ。俺には無理だって思って、感動したんだけど」と言います。

あなた、初めての我が子が生まれるかも知れない時に、めんどくさそうに「えーっ。今から?」て言ったのよー。

私は、「はあ~?どの口が言うのかしらーっ」と思いながら、知人の手前、その場では、何も言いませんでした。

いえ、、実際に、結構壮絶な出産だったので、本気で女の人はすごいと思っていたのだと思います。夫は本当に子供のように素直?に思ったままに行動をするので、身内の前では自由人的な行動をするだけなのです。(今は、それほどではありません)

こんな夫でも生まれて、少しずつ父親の自覚が出てくるのか、時間が経つにつれて娘たちをとても可愛がるようになりましたし、出不精な私に代わって、よく子供たちをいろいろなところへ遊びに連れて行ってくれるようになりました。

だからなのか、、今でも娘たちは、父親が大好きです。


、、、けど

私は出産の時の事はしっかり覚えていますし、忘れる事は無いと思います。

次女の出産の時もそれなりにいい加減夫でしたし(この時もビックリするような名言あり)。

ええ、わたくし、根に持つ女です。(笑)


これ、私の理想では、何を置いても奥さん子供って思ってほしいという願望なのです。今だったら、「今すぐ、何を置いても駆けつけないと、一生根に持って言い続けるわよー」って言えるんですけどねえ。

でも、言われる前に、思いやり行動をしてほしいという女心?なのです(爆)



いいことも、そうでない事も、いろいろなご夫婦のエピソードがあると思います。隣の芝生をちょっと覗いてみたい時にはこちら
  ↓
にほんブログ村テーマ
夫婦、夫、妻



今日のおすすめトラコミュはこちらです
  ↓  ↓
にほんブログ村テーマ
妊娠・出産エピソード


にほんブログ村テーマ
夫を愛してますか?


にほんブログ村テーマ
50代を考え暮らす


にほんブログ村テーマ
素敵な大人のシンプルライフ



参考になる記事がたくさんのブログランキングへはこちらから
  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

スポンサーリンク

コメント

よっちゃん

今からでもいいので、こう思ってるというのは言ったらどうかなと思います。
それでも、伝わらない人ならそれまでだけど、私は黙ってられないので本人に言うなぁ。とふと思いました。

シンプル愛

Re: タイトルなし
よっちゃんさま
コメントありがとうございます。
当時は思っている事を、あまり言えないことが多かったです。
今は、比較的何でも言えるようになったので、結構きついことも言えるようになりました。(笑)そういう事でケンカになったこともあったと思います。
でも本当は、何も言わないでも思いやり行動をしてほしいと思うんですよねえ。
非公開コメント

シンプル愛

生まれた年:1966年
職業:主婦
家族構成:姑、夫、娘2人
性格:グータラ
特技:押し込み収納

片付けが下手で納戸や引き出しに物を隠す収納が得意です。物は捨てられないほうです。スッキリシンプルに暮らしたいと思いつつ物が増え続け、今度こそはとブログを立ち上げました。

良かったら、また遊びに来てくださいね


[Ctrl]と[D]を同時に押すと
ブックマークに登録できます


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 

最新コメント

最近の投稿

ブロとも申請フォーム

プライバシーポリシー
免責事項・著作権について